ヴァナラ梵語वानर Vanara)は、インド神話に登場する(もしくは)のような姿の種族。「猿の毛皮や尾を持つ人間」を意味する。叙事詩ラーマーヤナ』において勇敢で好奇心に満ちた性質で描かれる。

ラーマ王子と猿の首長
ラーマ王子とハヌマーン

『ラーマーヤナ』によれば、ヴァナラ族は主に今の南インドに当たるキシュキンダーに生息していた。ラーマ王子がさらわれた妻シーターを探している途中で彼らと出会う。ヴァナラたちは協力してシーターの捜索に加わり、シーターをさらったラーヴァナとの戦いにも加勢した。

叙事詩で解説されているヴァナラ族の特徴は愉快で、子供っぽく、適度に腹立たしく欲しがりで、とても活発で冒険好き、無愛想に正直、忠実で勇敢にして親切である。人間の平均より少なくとも30cmは背が低く、体は薄い毛皮に覆われる。体毛は大抵茶色である。

ヴェーダの学問に精通している者も多く、変身の術で人間の姿をとることができる。

よく知られるヴァナラ族にラーマの忠実なる支援者であるハヌマーンがおり、彼以外にもスグリーヴァヴァーリンアンガダなどが知られる。これら主要なヴァナラはヴィシュヌ神の転生が決まったとき、転生したヴィシュヌ=ラーマ王子を補佐する目的で神々が生み出したとされる。その中でも特にハヌマーンの誕生が特筆されている。

主なヴァナラ編集

関連項目編集