ヴァルデマー3世 (シュレースヴィヒ公)

ヴァルデマー3世(デンマーク語:Valdemar 3. af Slesvig, 1238年 - 1257年)は、シュレースヴィヒ公(在位:1253年 - 1257年)。デンマーク王アーベルとメヒティルド・フォン・ホルシュタインとの間の息子である。

ヴァルデマー3世
Valdemar 3.
シュレースヴィヒ公
在位 1253年 - 1257年

全名 Valdemar Abelsen
出生 1238年
死去 1257年
家名 エストリズセン家
父親 デンマーク王アーベル
母親 メヒティルド・フォン・ホルシュタイン
テンプレートを表示

生涯編集

父アーベルが1252年に死去した時、ヴァルデマーはケルン大司教に捕らえられていた。このため、王位を継承することができず、父の弟クリストファ1世が代わりに王となった。しかし、母メヒティルドの親族であるホルシュタイン伯家はヴァルデマーを釈放させ、ヴァルデマーのシュレースヴィヒ継承に対する主張を支援した。1253年、クリストファ1世はヴァルデマーにシュレースヴィヒを与えることになった。

その後、ヴァルデマーはクリストファ1世と度々対立した。ヴァルデマーは1257年に死去し、シュレースヴィヒ公領は弟エーリク1世が継承した。

参考文献編集

先代:
アーベル
シュレースヴィヒ公
1253年 - 1357年
次代:
エーリク1世