ヴァージン・クイーン

ヴァージン・クイーン』(The Virgin Queen)は、1955年アメリカ合衆国歴史映画である。ヘンリー・コスターが監督、ベティ・デイヴィス1939年の映画『女王エリザベス』から16年ぶりにエリザベス1世を演じた。日本では劇場未公開であったが、2007年にDVDが発売されている。

ヴァージン・クイーン
The Virgin Queen
監督 ヘンリー・コスター
脚本 ハリー・ブラウン
製作 チャールズ・ブラケット
出演者 ベティ・デイヴィス
リチャード・トッド
ジョーン・コリンズ
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 チャールズ・G・クラーク
編集 ロバート・L・シンプソン
製作会社 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年7月22日
日本の旗 劇場未公開・DVD発売
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,600,000ドル[1]
テンプレートを表示

キャスト編集

スタッフ編集

アカデミー賞候補編集

出典編集

  1. ^ Solomon, Aubrey. Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press, 1989. 978-0-8108-4244-1. p249