ヴィットーリオ・アンブロジオ

ヴィットーリオ・アンブロジオVittorio Ambrosio, 1879年7月28日 - 1958年11月19日)は、伊土戦争第一次世界大戦第二次世界大戦に参戦したイタリア王国の軍人。1943年2月2日 - 1943年11月18日までの289日間、国防参謀長を務めた。

ヴィットーリオ・アンブロジオ
Vittorio Ambrosio
VittorioAmbrosio.jpg
生誕 1879年7月28日
イタリア王国の旗 イタリア王国
ピエモンテ州トリノ
死没 (1958-11-19) 1958年11月19日(79歳没)
イタリアの旗 イタリア
リグーリア州アラッシオ
所属組織 イタリア陸軍
軍歴 1896年 - 1942年
テンプレートを表示

生涯編集

1879年7月28日ヴィットーリオ・アンブロジオVittorio Ambrosio)はイタリア王国ピエモンテ州の州都、トリノでうまれた。1896年モデナ陸軍士官学校に入学し、卒業後、騎兵将校に任命された。伊土戦争ではカヴァレゲリ・ディ・ルッカ連隊の中尉を務めた。第一次世界大戦時は師団の参謀長を務め、1935年にはXII陸軍司令官に任命された。

第二次世界大戦ユーゴスラビア侵攻でアンブロジオはイタリア第二軍を率いて4月11日までにリュブリャナザダルの郊外に到着し、4月15日スプリトコトルを占領した。4月17日までに、ダルマチアを占領した。その後ベニート・ムッソリーニによって陸軍参謀長に任命された。

陸軍参謀長に任命されたアンブロジオはウクライナバルカン半島からイタリア軍を撤退させようと計画した。1943年2月2日にアンブロジオは国防参謀長に就任した。1943年7月25日グランディ決議によりムッソリーニ政権が崩壊しピエトロ・バドリオ首相に就任すると、アンブロジオは連合国との休戦を支援した。1943年11月18日にアンブロジオはバドリオによって陸軍参謀長を解任され、監察官へと降格した。

1958年11月19日リグーリア州アラッシオで死亡。

公職
先代:
マリオ・ロアッタ
陸軍参謀長(イタリア)
1942年1月20日 - 1943年2月1日
次代:
Ezio Rosi
先代:
ウーゴ・カヴァッレーロ
国防参謀長(イタリア)
1943年2月2日 - 1943年11月18日
次代:
ジョヴァンニ・メッセ