メインメニューを開く
ヴィルヘルム・ライン(1865年)

ヴィルヘルム・ライン(Wilhelm Rein, 1847年8月10日 - 1929年2月19日)は、ドイツアイゼナハ出身の教育学者。後にヘルバルト派の代表者の1人となる。

目次

生涯・人物編集

ラインは、イェーナ大学でまず神学を学び、それと平行してカール・フォルクマール・ストイドイツ語版の下で教育学を学んだ。その後、ライプツィヒ大学トゥイスコン・ツィラーの下に移った。1871年、バルメンドイツ語版英語版[1]の実科学校の教師となり、フリードリヒ・ヴィルヘルム・デルプフェルトドイツ語版から強く感化を受ける。1872年にはヴァイマルの神学校の上級教師になり、1876年にはアイゼナハの神学校校長となる。1886年、彼はイェーナ大学の名誉教授となり、1912年正教授に任じられる。

彼は、ストイによって、その礎を置かれた教育学ゼミナールを立ち上げ、その傍らイェーナ大学の実験学校を世界的な名声を博すまでに育て上げた。彼は長期休暇の期間に実施される教育養成プログラムを新設し、市民大学運動を推進した。彼は、ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトトゥイスコン・ツィラー五段階教授法[2][3]: Formalstufe)を、準備 (: Vorbereitung)、提示 (: Darbietung)、結合 (: Verknüpfung)、連関 (: Zusammenhang)、応用 (: Anwendung) と改めた。

彼の教え子の1人、ヘルマン・リーツは、田園教育塾ドイツ語版の創始者の一人である。

著作編集

  • Schuljahre, eine Methodik des gesamten Volksschulunterrichts(共編)
  • Enzyklopädisches Handbuch der Pädagogik I-X (1902-12(?))(編・共著)
  • Pädagogik in systematischer Darstellung I-III (1902/6)
  • Ethik (1903)

脚注編集

外部リンク編集