メインメニューを開く

リー・バレー・ヴェロパーク (Lee Valley Velopark) は、ロンドン東部のウォルサム・フォレスト特別区レイトンに所在する自転車競技施設。2012年ロンドンオリンピックおよびパラリンピック自転車競技で使用される。1マイル (1.6km) のロードレース用コースとマウンテンバイクレース用トラックの他に、トラックレース用およびBMXレース用トラックを備える[2]。ちょうどイーストウェイ・サイクル・サーキットに取って代わる形となる。建設費は1億500万ポンドで、2009年から2011年の間に建設され、6000人の観客を収容可能である。竣工後に初めて催された公式競技イベントは、2011年に開催されたUCI BMXスーパークロス・ワールドカップ(2011 UCI BMX Supercross World Cup)のロンドン・ラウンドだった。

リー・バレー・ヴェロパーク
London Velopark, 14 June 2011.jpg
ロンドン・ヴェロパークの空撮写真 (2011年6月撮影)
基本情報
所在地 A12, Leyton, London, England, UK
開設 2011年
走路 250m
テンプレートを表示
Lee Valley VeloPark
London, The Olympic Velodrome, 15-11-2014 (16008863981).jpg
The velodrome in November 2014
正式名称 Lee Valley VeloPark
所在地 Queen Elizabeth Olympic Park
London, E20
United Kingdom
座標 北緯51度33分01秒 西経0度00分55秒 / 北緯51.5504度 西経0.0153度 / 51.5504; -0.0153座標: 北緯51度33分01秒 西経0度00分55秒 / 北緯51.5504度 西経0.0153度 / 51.5504; -0.0153
交通アクセス ロンドン地下鉄 ロンドン・オーバーグラウンド クロスレール ドックランズ・ライト・レイルウェイ Stratford
ドックランズ・ライト・レイルウェイ Stratford International
経営者 Lee Valley Regional Park Authority[1]
キャパシティ 6,750 (velodrome)
会場寸法 250 metres
表面 Siberian pine (velodrome)
建設
着工 2009
建設 2009–2011
オープン 22 February 2011
建設費 £105 million (velodrome)
建築家 Hopkins Architects, Grant Associates
構造エンジニア Expedition Engineering
サービス
エンジニア
BDSP
主要建設者 ISG
テンプレートを表示

自転車競技場編集

2009年、自転車競技場の建設が始まり、当時の試算では建設費は1億500万ポンドと見積もられた[3]。2011年2月に当該競技場部分が竣工した[4]。設計者はホプキンス・アーキテクツ(Hopkins Architects)。この自転車競技場はオリンピック・パーク内で最も早く完成した施設である。屋根部分は自転車走行の幾何学を反映して軽量かつ自転車にとって効果的に設計されている[5]。オリンピック・パークの全景を見渡せる窓を配置した360度のコンコースがある階も用意された。天窓からの自然光を効果的に取り入れたり、自然に換気されたりするような設計により、人工的な光や空調の必要性を抑えているほか、水の使用を節減するために雨水の貯蓄も実施しており、高いエネルギー効率を実現している。シドニーアテネの両オリンピックで自転車競技場のトラックの設計を担当したロン・ウェッブが当競技場のトラックの設計と導入の責任者となった。250メートルのトラックは総延長56kmのシベリアマツと350,000本の釘で製作された[6]

こけら落としイベントで、地元英国の自転車競技選手であるクリス・ホイヴィクトリア・ペンドルトンの試走を以て、公式にオープンした[7]。競技場はその特徴的な形状から、俗に"The Pringle (ザ・プリングル)"とも呼ばれる。2011年のRIBAスターリング賞の最終候補リストに載り[8]、同年の英国構造技術者協会による構造賞 (Structural Awards) の構造工学部門において最高賞を受賞した。完成した競技場は、2012年2月に開催されたUCIトラックワールドカップクラシックスで初めて使用された。また、2012年のパラリンピックでも使用[9]

2022年にバーミンガムで開催予定のコモンウェルスゲームズでは自転車競技の実施が予定されている。

自転車競技のワールドカップ開催中のロンドン・ヴェロパーク内の模様 (2012年2月)

BMXトラック編集

 
ロンドン準備シリーズ(五輪前のテストイベント)期間中のBMXトラック

屋外のBMXレース用トラックも6,000人の観客収容人数を誇る。建設作業は2011年3月に始まった[10]。五輪閉幕後には完全な設備に改修するため、座席が撤去され、トラックが再構成される見込みである[1][10]。竣工後の初めての競技会はオリンピック開催前の準備シリーズに位置づけられる2011年のUCIスーパークロスBMXワールドカップシリーズ・ロンドンラウンドだった[10]男子用のトラックは全長470メートル、女子用は430メートルである。8メートルの高さのスタート台など、スポーツの境界を押し広げることを目的としてUCI (国際自転車競技連合) により設計されている。14,000立方メートルの土砂がトラックの造成に使用された[11]。スーパークロス・ワールドカップの後、シャネーズ・リードがトラックの変更を求めた。リードは風向き・風力が変わった場合、現状のトラックでは限界があると述べた。サラ・ウォーカーはこのリードの要求に同調し、強風の日には走行に難のあるコースである旨を繰り返し述べた[11]

脚注編集

  1. ^ a b BMX Track | Venues”. London 2012 (2009年5月28日). 2011年10月18日閲覧。
  2. ^ Lee Valley Regional Park Authority – VeloPark”. Leevalleypark.org.uk (2007年6月12日). 2011年10月18日閲覧。
  3. ^ Work begins on world's fastest velodrome, reuters.co.uk, 25 March 2009.
  4. ^ “Velodrome for 2012 Games opened”. BBC News. (2011年2月22日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/olympic_games/london_2012/9403566.stm 
  5. ^ Rachel Thomas (2011年7月22日). “How the velodrome found its form”. Plus Magazine. 2011年12月13日閲覧。
  6. ^ Velodrome unveiled as Sir Chris Hoy, Victoria Pendleton, Jason Kenny & GB riders try out track for first time | February 2011”. London 2012 (2011年2月22日). 2011年10月18日閲覧。
  7. ^ Team GB cyclists test the track at unveiling of London 2012 Velodrome”. London2012.com. 2011年10月18日閲覧。
  8. ^ RIBA Stirling Prize shortlist 2011: Olympic 'Pringle' Velodrome 21 July 2011
  9. ^ British Paralympic Association: London 2012 unveil Paralympic venue plan November 2006
  10. ^ a b c Nigel Wynn. “Work starts on 2012 Olympic BMX track | Latest News”. Cycling Weekly. 2011年10月18日閲覧。
  11. ^ a b Hope, Nick (2011年8月20日). “BBC Sport – Shanaze Reade calls for changes to Olympic BMX track”. BBC News. 2011年10月18日閲覧。

外部リンク編集