ヴラディミル・ラクサ

ヴラディミル・ラクサ(Vladimir Laxa、1870年1月21日 - 1945年)は、クロアチア独立国の軍人。大将。

ヴラディミル・ラクサ
Vladimir Laxa
General Vladimir Laxa.jpg
生誕 1870年1月21日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
Flag of Croatia-Slavonia.svg クロアチア=スラヴォニア王国シサク
死没 1945年
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビアミロゴイ墓地英語版
所属組織 Coat of Arms of the Royal Croatian Home Guard.svg クロアチア=スラヴォニア王国防衛隊英語版
Flag of Yugoslavia (1918–1943).svg ユーゴスラビア王国軍英語版
CroatianTrefoil.PNG クロアチア独立国軍
軍歴 1890年 - 1944年
最終階級 大将
テンプレートを表示

経歴編集

オーストリア=ハンガリー帝国軍において、第一次世界大戦に従軍。1917年、第18山岳旅団を指揮し、イタリア戦線で戦った。

戦後、ウスタシャ運動に参加。1941年のクロアチア独立国建国後、陸軍副総司令官に任命。1941年から1942年、クロアチア軍参謀総長を務め、1941年から1944年、陸軍総司令官を兼任。1941年11月1日、クロアチア軍最初の再編が行われ、軍は3個軍団(第1軍団、第2軍団、第3軍団)に編成された。1943年5月1日、2度目の軍の再編成が行われる。

1944年11月20日、アンテ・パヴェリッチは再び軍を再編し、ドモブランとウスタシャを統合した。この再編によりウスタシャ出身者が主要ポストを占め、ラクサは解任された。

外部リンク編集