一乗寺 (台東区)

一乗寺

一乗寺(いちじょうじ)は、東京都台東区谷中にある日蓮宗の寺院。山号は大法山。旧本山は茂原藻原寺、小西・一乗寺法縁縁頭寺。境内には漢学者大田錦城の墓所(東京都指定旧跡)がある。

歴史編集

天正18年(1590年)頃に日僚(茂原妙光寺17世)を開山に創建。現在の伽藍は戦前までに整備されたもので、昭和12年(1937年)客殿庫裡が再建された。

境内編集

大田錦城(前掲)の他、浪曲師の3代目東家楽遊、歌舞伎の4代嵐芳三郎5代嵐芳三郎6代嵐芳三郎、江戸時代の医師大久保適斎、参議院議員木島則夫、勘定奉行杉岡能連、日本画家鈴木鵞湖、明治時代の都々逸の名人柳家紫朝 等の墓所がある。

参考資料編集