柳家 紫朝(やなぎや しちょう)は新内粋曲音曲都々逸名跡。2代目(富士松紫朝から入れると5代目になる。)死去後は空き名跡となっている。

初代との関係は初代と2代目の祖父が正式な弟子ではなかったが稽古を付けてもらっていた。

  • 初代 富士松紫朝(1826年6月19日 - 1902年3月1日) - 九州久留米出身。盲人ながら安政年間から幕末明治の初年にかけて初代富士松魯中の門人で、寄席で新内語りとして人気を得た。三遊亭圓朝の「朝」はこの紫朝に因んだものという。後に弟子に紫朝を譲り自身は紫翁となり久留米に隠居した。尚同じ新内の名跡で富士松ぎん蝶と混合されやすく富士松紫蝶と表記されることがある。本名:佐藤 竹次郎。
  • 2代目 富士松紫朝(1860年1月25日 - 1943年2月5日) - 初代と同じく九州出身で盲目、初代の門人で紫好斎を名乗り初代が引退と共に2代目を襲名。本名:古賀 城武。
  • 俗に初代(富士松から入れると3代目) 柳家紫朝(1873年9月9日 - 1918年5月12日) - 越中富山の出身で若くして失明し1888年頃に久留米に隠居生活していた初代富士松紫朝の元で修行し紫玉と名乗る。左校と改名し地方廻りしている時に4代目柳亭左楽に見出され1896年柳派に加盟。翌年初席から「三代目柳家柴朝」として出勤。「紫」に考慮して「柴」としたというが、大正に入り「紫朝」となる。本名:尾上 亀次郎または亀吉。墓所は谷中一乗寺。戒名は「温情院紫朝日唯信士」。
  • 3代目 富士松紫朝(生没年不詳) - 1936年5月に富士松佐交から3代目紫朝になった人物がいる。本名:不詳。

2代目 柳家やなぎや 紫朝しちょう
本名 渡辺 實(わたなべ みのる)
生年月日 1929年11月3日
没年月日 (2010-04-26) 2010年4月26日(80歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都中央区
師匠 8代目桂文楽
5代目柳家小さん
名跡 1. 桂文喜(1952年 - 1956年)
2. 桂二三夫(1956年 - ?)
3. 富士松喜久次郎(? - 1969年)
4. 2代目柳家紫朝(1969年 - 2010年)
出囃子 六段くづし
活動期間 1952年 - 2010年
活動内容 音曲師
所属 落語協会

柳家 紫朝(やなぎや しちょう、1929年11月3日 - 2010年4月26日)は東京都中央区越前堀(現在の中央区新川)出身の粋曲新内語り。落語協会所属。出囃子は『六段くづし』。本名:渡辺 實(わたなべ みのる)。祖父も元新内で3世鶴賀喜代太夫

芸風は祖父から新内、文楽から寄席のいろは、6代目三遊亭圓生、7代目橘家圓太郎からは大津絵柳家三亀松俗曲など多方面から様々な芸を吸収した。

晩年は寄席のほかに「柳家紫朝の会」を年一度開催していた。

弟子編集

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ “音曲師の柳家紫朝さん死去 「粋曲」の第一人者”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年4月26日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0426/TKY201004260328.html 2010年4月29日閲覧。