メインメニューを開く

一九〇五』(いちきゅうぜろご)は、黒沢清監督による日本・中国合作映画2013年1月クランクアップ、同年秋公開の予定だったが、尖閣諸島問題の影響を受けて撮影が進まず、企画・製作・配給を行うプレノン・アッシュが資金繰りの悪化により2013年2月20日に東京地裁から破産手続開始の決定を受け[1]、製作中止となった[2]

一九〇五
1905
監督 黒沢清
製作会社 プレノン・アッシュ
配給 松竹
プレノン・アッシュ
公開 制作中止
製作国 日本の旗 日本中華人民共和国の旗 中国
言語 日本語中国語
テンプレートを表示

目次

概要編集

撮影は日本台湾の各地で行われる予定だった。ストーリーの9割は中国語による構成の映画となっていた。

あらすじ編集

まだ清朝であった時代の中国広東省の高利貸し楊雲龍(ヤン・ユンロン)は、5人の男に貸した金を取り立てるため、日本横浜へとやってくる。香港育ちで中国語を話す国粋主義者の加藤保は、その同じ5人である中国人革命家の強制送還の任務を言い渡される。楊と加藤は日本で出会い、お互いの利害の一致を見て協力し行動していく[3]

キャスト編集

以下のキャスティングが予定されていた。

脚注編集