黒沢清

日本の映画監督、脚本家、映画批評家、小説家

黒沢 清(くろさわ きよし、1955年昭和30年〉7月19日[1] - )は、日本映画監督脚本家映画批評家小説家東京芸術大学大学院教授

くろさわ きよし
黒沢 清
黒沢 清
生年月日 (1955-07-19) 1955年7月19日(66歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市
職業 映画監督
大学教員
脚本家
映画批評家
小説家
ジャンル 映画
オリジナルビデオ
テレビドラマ
活動期間 1983年 -
主な作品
CURE
カリスマ
回路
トウキョウソナタ
岸辺の旅
スパイの妻〈劇場版〉
 
受賞
カンヌ国際映画祭
「ある視点」部門 監督賞
2015年岸辺の旅
「ある視点」部門 審査員賞
2008年トウキョウソナタ
国際映画批評家連盟賞
2001年回路
ヴェネツィア国際映画祭
銀獅子賞
2020年スパイの妻〈劇場版〉
東京国際映画祭
特別賞
2016年
その他の賞
シカゴ国際映画祭
審査員特別賞
2008年『トウキョウソナタ』
アジア・フィルム・アワード
脚本賞
2008年『トウキョウソナタ』
キネマ旬報賞
脚本賞
2020年『スパイの妻〈劇場版〉』
芸術選奨文部科学大臣賞
2017年散歩する侵略者
テンプレートを表示

略歴編集

1955年、兵庫県神戸市に生まれる[2][注 1]六甲学院高等学校卒業[4]。大学在学中より8ミリ映画の制作をはじめる[5]。1980年、立教大学社会学部産業関係学科卒業[5]

立教大学では、自主映画製作集団「パロディアス・ユニティ」に所属した[6]。同サークルには森達也塩田明彦らがいた[7]蓮實重彦の映画学の授業を受講し強い影響を受ける[8]1981年、8ミリ映画『しがらみ学園』が第4回ぴあフィルムフェスティバルに入選した[9]

大学4年生の時に雑誌『GORO』の対談で出会い知遇を得た長谷川和彦から声をかけられ、『太陽を盗んだ男』に制作助手として参加。1981年には相米慎二監督の『セーラー服と機関銃』に助監督として参加して映画製作を学ぶ。その流れから、ディレクターズ・カンパニーの設立に参加し、同社制作のピンク映画神田川淫乱戦争』で1983年に映画デビュー[10]

1984年、にっかつロマンポルノ『女子大生・恥ずかしゼミナール』を撮影するが、にっかつ側が納品を拒否したため、追加撮影を行い、『ドレミファ娘の血は騒ぐ』と改題して1985年一般映画として公開した。

1989年、初のメジャー作品となる『スウィートホーム』が東宝系で公開。

1990年代には、主にテレビドラマとVシネマを中心に活動する。

1997年平成9年)『CURE』を第10回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品。同作はフランスの日本映画特集やオランダのロッテルダム映画祭など海外でも紹介され[11]、国際的なブレイクを果たす[12]

2001年、『回路』が第54回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した[13]。その後、『アカルイミライ[14]、『ドッペルゲンガー[15]、『LOFT ロフト[16]、『』などの作品を監督する[17]

2005年、上記の国際的な活躍が評価されて東京芸術大学大学院映像研究科を新設するに伴い北野武など共に映像研究科教授に就任し、監督業と並行して大学の映像教育にも携わる[18]

2008年、『トウキョウソナタ』が第61回カンヌ国際映画祭ある視点部門」審査員賞[19]、第3回アジア・フィルム・アワード作品賞を受賞した[20]

2012年、初の連続テレビドラマ『贖罪』を監督した[21]。2013年、劇場用映画としては5年ぶりとなる監督作品『リアル〜完全なる首長竜の日〜』が公開される[22]。同年、前田敦子主演の『Seventh Code』で第8回ローマ映画祭最優秀監督賞を受賞する[23]

2015年浅野忠信深津絵里主演の『岸辺の旅』が第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した[24][25]。同年、第33回川喜多賞を受賞した[26][27]

2016年、初めて手掛けた海外作品『ダゲレオタイプの女』(原題:La Femme de la Plaque Argentique)が公開される[28]。同年、第29回東京国際映画祭・SAMURAI賞[29]、第58回毎日芸術賞を受賞した[30]

2018年、『散歩する侵略者』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。

2020年令和2年)、『スパイの妻〈劇場版〉』が第77回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)を受賞[31]GQ Men of the Year2020 フィルム・ディレクター・オブ・ザ・イヤー賞/アウディ・モスト・プログレッシヴ・マン賞を受賞[32]エル シネマアワード2020でエル ベストディレクター賞受賞[33]。第33回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞で監督賞受賞[34]。第94回キネマ旬報ベスト・テンで脚本賞を受賞(濱口竜介野原位と共同)[35]

監督作品編集

長編映画編集

短編映画編集

  • 2001 映画と旅(2001年)
  • 霊刑事(2003年、『刑事まつり』)
  • ココロ、オドル。(2004年)
  • 蟲たちの家(2005年、『楳図かずお恐怖劇場』)
  • ビューティフル・ニュー・ベイエリア・プロジェクト(2013年)

オリジナルビデオ編集

  • ヤクザタクシー(1994年)
  • 打鐘 男たちの激情(1994年)
  • 勝手にしやがれ!! 強奪計画(1995年)
  • 勝手にしやがれ!! 脱出計画(1995年)
  • 勝手にしやがれ!! 黄金計画(1996年)
  • 勝手にしやがれ!! 逆転計画(1996年)
  • 勝手にしやがれ!! 成金計画(1996年)
  • 勝手にしやがれ!! 英雄計画(1996年)
  • DOOR III(1996年)
  • 復讐 運命の訪問者(1997年)
  • 復讐 消えない傷痕(1997年)
  • 修羅の極道 〜蛇の道〜(1998年)
  • 修羅の狼 〜蜘蛛の瞳〜(1998年)

テレビ編集

  • 奴らは今夜もやってきた(1989年、『危ない話 夢幻物語』第2話)
  • もだえ苦しむ活字中毒者 地獄の味噌蔵(1990年、関西テレビ『DRAMADAS』)
  • よろこびの渦巻(1992年、関西テレビ『DRAMADAS』)
  • 胸さわぎの15才(1993年、関西テレビ、第11・12話)
  • ワタナベ(1993年、関西テレビ、第1・2・11・12話)
  • 花子さん(1994年、関西テレビ『学校の怪談』第3回)
  • 音楽室の少女(1994年、関西テレビ『学校の怪談』第4回)
  • あの子はだあれ?(1994年、関西テレビ『学校の怪談』第11回)
  • 廃校奇譚(1997年、関西テレビ『学校の怪談f』)
  • 木霊(1998年、関西テレビ『学校の怪談G』)
  • 降霊(1999年、関西テレビ)
  • 花子さん(2001年、関西テレビ『学校の怪談 物の怪スペシャル』)
  • タイムスリップ(2002年、関西テレビ『愛と不思議と恐怖の物語 ウルチョラ・セブン』)
  • 風の又三郎(2003年、NHK-BShi『朗読紀行 にっぽんの名作』)
  • 贖罪(2012年、WOWOW連続ドラマW』)
  • 予兆 散歩する侵略者(2017年、WOWOW)[48]
  • スパイの妻(2020年、NHK BS8K

ミュージック・ビデオ編集

  • マーキーズ「とんがり娘」(1991年)
  • 相対性理論「FLASHBACK」(2016年)[49]

出演作品編集

その他編集

ドキュメンタリー編集

  • 世界のクロサワ「スパイの妻」を語る〜ベネチア国際映画祭17年ぶりの快挙〜(2020年10月、NHK BSP[51]
  • ドキュメント「スパイの妻」〜女優・蒼井優が挑む監督・黒沢清の世界〜(2021年4月11日、NHK BSP)[52]

著書編集

評論編集

  • 映像のカリスマ 黒沢清映画史(1992年、フィルムアート社) 増補改訂版(2006年、エクスナレッジ
  • 映画はおそろしい(2001年、青土社)新装版(2018年、青土社)
  • 黒沢清の映画術(2006年、新潮社
  • 映画のこわい話 黒沢清対談集(2007年、青土社)
  • 恐怖の対談 映画のもっとこわい話(2008年、青土社)
  • 黒沢清、21世紀の映画を語る(2010年、Boid)

共編著編集

小説編集

  • キュア(1997年、徳間文庫
  • 回路(2001年、徳間書店)のち文庫 

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 黒澤明との血縁関係はない[3]

出典編集

  1. ^ Jacoby, Alexander (2008年). “KUROSAWA Kiyoshi”. A Critical Handbook of Japanese Film Directors: From the Silent Era to the Present Day. Stone Bridge Press 
  2. ^ ロジェ, ジャン=フランソワ (2012年3月14日). “「恐怖の哲学、哲学の恐怖——黒沢清レトロスペクティヴによせて」”. Nobody. 2014年3月19日閲覧。
  3. ^ King, Susan (2009年3月22日). “Kiyoshi Kurosawa provides domestic chills in 'Tokyo Sonata'”. Los Angeles Times. 2014年3月19日閲覧。
  4. ^ “【活動報告】「21世紀文化論」講演:黒沢清(映画監督) 「シネマ、辺境への旅――『旅のおわり世界のはじまり』公開記念レクチャー」” (日本語). 多摩美術大学芸術学科. (2019年9月27日). http://www2.tamabi.ac.jp/geigaku/20190917/ 2020年9月14日閲覧。 
  5. ^ a b 黒沢清. 第六回 黒沢 清 大学院映像研究科映画専攻教授. インタビュアー:国谷裕子. 東京藝術大学.. https://www.geidai.ac.jp/container/column/closeup_006/2 2021年2月15日閲覧。 
  6. ^ 上映作品紹介”. 第34回ぴあフィルムフェスティバル (2012年). 2015年5月18日閲覧。
  7. ^ 森達也・安岡卓治 『A2』 現代書館、p.212、2002年4月10日。ISBN 978-4768476826
  8. ^ 立教大学”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2004年). 2015年5月18日閲覧。
  9. ^ 1981年:第4回ぴあフィルムフェスティバル一般公募部門入選作品”. ぴあフィルムフェスティバル. 2017年8月8日閲覧。
  10. ^ 黒沢, 清; 安井, 豊作; 大寺, 眞輔 (2006年). 黒沢清の映画術. 新潮社. pp. 51-69 
  11. ^ TIFF Report:Japan Now 「映画俳優、役所広司」黒沢清&役所広司トークイベント(『CURE』)”. REALTOKYO CINEMA. 2020年10月12日閲覧。
  12. ^ Mes, Tom (2001年3月20日). “Midnight Eye review: Cure”. Midnight Eye. 2014年3月19日閲覧。
  13. ^ 黒沢清監督:幽霊には西洋型と日本型がある… ホラー映画の巨匠が語る「生と死」”. MANTANWEB (2016年10月29日). 2017年8月8日閲覧。
  14. ^ 蓮實, 重彦 (2010年6月16日). “黒沢清『アカルイミライ』”. あなたに映画を愛しているとは言わせない. 2013年7月9日閲覧。
  15. ^ 大場, 正明 (2012年5月31日). “『ドッペルゲンガー』 黒沢清”. Criss Cross. 2013年7月9日閲覧。
  16. ^ 藤井, 仁子 (2007年1月1日). “2006年ベストテン”. テアトル・オブリーク. 2013年7月9日閲覧。
  17. ^ 梅本, 洋一 (2006年8月17日). “『叫』黒沢清”. Nobody. 2013年7月9日閲覧。
  18. ^ 北野武氏、東京芸術大学大学院映像研究科教授に”. ヨコハマ経済新聞. ヨコハマ経済新聞 (2004年). 2020年10月18日閲覧。
  19. ^ 宮崎, 陽介 (2008年5月25日). “黒沢清監督「トウキョウソナタ」に審査員賞 カンヌ映画祭”. 朝日新聞. 2013年7月9日閲覧。
  20. ^ 石橋, 今日美 (2009年5月14日). “K編集長のCinema Days Vol. 3”. Flowerwild. 2013年7月9日閲覧。
  21. ^ 鶴谷, 真 (2012年8月4日). “ベネチア国際映画祭:WOWOWドラマ「贖罪」上映 異例の正式招待”. 毎日新聞. 2012年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  22. ^ 田中, 竜輔; 増田, 景子 (2013年6月2日). “最新作『リアル〜完全なる首長竜の日〜』黒沢清 インタヴュー”. Nobody. 2013年7月9日閲覧。
  23. ^ Blair, Gavin J. (2013年11月18日). “Japanese Director Kiyoshi Kurosawa 'Very Surprised' About Two Wins at Rome Film Fest”. The Hollywood Reporter. 2014年3月19日閲覧。
  24. ^ 黒沢清監督 カンヌ「ある視点」部門で監督賞”. NHKニュース (2015年5月24日). 2015年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月28日閲覧。
  25. ^ 2015 Official Selection”. Cannes. 2015年5月24日閲覧。
  26. ^ 「第33回川喜多賞」黒沢清監督に贈賞決まる”. 映画.com (2015年7月16日). 2015年7月17日閲覧。
  27. ^ 第33回川喜多賞 黒沢清 氏”. 公益財団法人川喜多記念映画文化財団. 2021年7月14日閲覧。
  28. ^ a b 黒沢清によるフランス映画「ダゲレオタイプの女」、2016年秋に全国公開”. 映画ナタリー (2016年1月25日). 2016年1月25日閲覧。
  29. ^ “マーティン・スコセッシと黒沢清が東京国際映画祭SAMURAI賞に決定”. 映画ナタリー. (2016年10月12日). http://natalie.mu/eiga/news/205114 2016年10月13日閲覧。 
  30. ^ 第58回(2016年度)毎日芸術賞の受賞者”. 毎日新聞社. 2017年8月8日閲覧。
  31. ^ “「スパイの妻」黒沢清監督に銀獅子賞 ベネチア映画祭 北野武監督以来”. 産経ニュース (産経デジタル). (2020年9月13日). https://www.sankei.com/entertainments/news/200913/ent2009130003-n1.html 2020年9月13日閲覧。 
  32. ^ SixTONES&Snow Man・星野源・EXIT・田中みな実ら今年“もっとも輝いたヒーロー”に決定〈GQ MEN OF THE YEAR 2020〉”. モデルプレス (2020年11月23日). 2020年11月23日閲覧。
  33. ^ 蒼井優&黒沢清監督「スパイの妻」ELLE賞2冠(2020年12月7日)、日刊スポーツ、2020年12月13日閲覧。
  34. ^ 『鬼滅の刃』石原裕次郎賞受賞 『罪の声』が「日刊スポーツ映画大賞」作品賞に」『ORICON NEWS』オリコン、2020年12月28日。2021年1月9日閲覧。
  35. ^ キネマ旬報 ベスト・テン、KINENOTE、2021年2月25日閲覧。
  36. ^ “美しいミイラがモチーフ。「LOFT/ロフト」黒沢清監督”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2006年9月5日). http://eiga.com/news/20060905/12/ 2018年4月3日閲覧。 
  37. ^ “黒沢清×役所広司『叫(さけび)』ヴェネチア国際映画祭正式招待決定”. シネマカフェ (イード). (2006年7月29日). https://www.cinemacafe.net/article/2006/07/29/294.html 2018年4月3日閲覧。 
  38. ^ “黒沢清監督「トウキョウソナタ」がカンヌ映画祭ある視点部門審査員賞!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2006年5月27日). http://eiga.com/news/20080527/9/ 2018年4月3日閲覧。 
  39. ^ “綾瀬はるか、佐藤健と本格恋愛映画でW主演「ワクワクして、ヒャーッ!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年7月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2014480/full/ 2018年4月3日閲覧。 
  40. ^ “トニー・レオン、日本映画初出演!松田翔太&前田敦子と黒沢清監督作でタッグ”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2012年9月10日). http://eiga.com/news/20120910/1/ 2018年4月3日閲覧。 
  41. ^ 前田敦子ら出演予定映画が製作中止に”. デイリースポーツ (2013年2月25日). 2014年3月19日閲覧。
  42. ^ “前田敦子&黒沢清監督新作、ローマ映画祭で初お披露目”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年10月15日). http://eiga.com/news/20131015/9/ 2018年4月3日閲覧。 
  43. ^ “深津絵里×浅野忠信、黒沢清監督「岸辺の旅」W主演で初の夫婦役!早くも仏公開決定”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2014年6月19日). http://eiga.com/news/20140619/1/ 2018年4月3日閲覧。 
  44. ^ “西島秀俊×黒沢清監督、映画「クリーピー」で4度目のタッグ!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年7月29日). http://eiga.com/news/20150729/1/ 2018年4月3日閲覧。 
  45. ^ “イキウメ「散歩する侵略者」黒沢清が映画化、長澤まさみ×松田龍平×長谷川博己で”. ステージナタリー. (2016年12月6日). http://natalie.mu/stage/news/212032 2016年12月6日閲覧。 
  46. ^ 東出昌大の“怪演”が夏帆&染谷将太を襲う!「散歩する侵略者」スピンオフ本編映像入手”. 映画.com (2017年11月10日). 2018年2月14日閲覧。
  47. ^ “黒沢清、日本・ウズベキスタン共同製作作品を監督「いくつかの夢が同時に叶った」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月3日). https://natalie.mu/eiga/news/276272 2018年4月3日閲覧。 
  48. ^ 「散歩する侵略者」夏帆ら出演のスピンオフドラマのポスタービジュアル&場面写真公開”. マイナビニュース (2017年8月7日). 2017年8月8日閲覧。
  49. ^ 相対性理論やくしまるが“何か”に立ち向かう、黒沢清監督「FLASHBACK」MV”. 音楽ナタリー (2016年4月25日). 2016年4月28日閲覧。
  50. ^ 名だたる監督の証言でひも解くヒッチコック、カンヌでドキュメンタリー上映”. 映画ナタリー (2015年5月21日). 2017年8月8日閲覧。
  51. ^ 世界のクロサワ「スパイの妻」を語る〜ベネチア国際映画祭17年ぶりの快挙〜”. NHK (2021年4月11日). 2021-04-92時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。
  52. ^ ドキュメント「スパイの妻」〜女優・蒼井優が挑む監督・黒沢清の世界〜”. NHK (2021年3月12日). 2021年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月1日閲覧。

関連文献編集

  • White, Jerry (2007). The Films of Kiyoshi Kurosawa: Master of Fear. Stone Bridge Press. ISBN 9781933330211 
  • 『世界最恐の映画監督 黒沢清の全貌』文學界編集部、文藝春秋、2017年。ISBN 9784163907062

関連項目編集

外部リンク編集