一杯のビール(いっぱいのビール、原題:Un bon bock)は1892年にシャルル・エミール・レイノーによって作られたフランスアニメーションである。一杯のビールは700枚のイラストから構成された15分のアニメーションである[1]

一杯のビール
Un bon bock
Reynaud-Pantomimes.jpg
光のパントマイムのポスター
監督 シャルル・エミール・レイノー
公開 1892年10月28日
上映時間 約15分
製作国 フランス
言語 無声
テンプレートを表示

これは世界初のアニメーションの一つであり、プラキシノスコープを改良したテアトル・オプティークという装置を用いてレイノーが上映した[2]

一杯のビールは道化師と犬(Le Clown et ses chiens)・哀れなピエロ(Pauvre Pierrot)と同時に1892年10月28日パリグレヴァン蝋人形館英語版で上映された。これら3つの作品は光のパントマイム(Pantomimes Lumineuses)として知られている。これらは絵を繋げて上映された初めての作品である。上映は、レイノーが自ら絵を操ることによって行われた[1]

このアニメーションは失われたと見られている。コピーも存在せず、レイノーが2つのアニメーションを残して残りの全てをセーヌ川に投げた際に失われた[1]

脚注編集

  1. ^ a b c Charles-Émile Reynaud”. Who's Who of Victorian Cinema. 2007年3月11日閲覧。
  2. ^ The History of Animation”. 2007年3月11日閲覧。

外部リンク編集