メインメニューを開く

一栗 放牛(いちくり ほうぎゅう、明応9年〈1500年〉 - 天正19年〈1591年〉)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将大崎氏の家臣。放牛は法名。一栗高春の祖父。陸奥国一栗城主。

天正18年(1590年)、葛西大崎一揆が起こると孫・高春と共に一揆方につく。一族郎党と共に佐沼城に籠城して奮戦するも衆寡敵せず、やがて敗色が濃厚となるや高春を落ち延びさせて自身は城を枕に、討ち死にした。このとき、92歳であったという。