メインメニューを開く

一盃口(イーペーコー)とは、麻雀におけるのひとつ。223344など、同種同数の順子が2組ある場合に成立する。ただし鳴いてはいけない。1翻。門前役。略してイーペー[1]とも。一色二順(イッショクリャンジュン)[2]一色同順(イッショクドウジュン)という別名もあり、かつては一般高とも表記した。

概要編集

実戦では    といった形を重宝する[3]ため、ここに を引けば     となって  待ち高目一盃口に、 を引けば     となって  待ちの高目一盃口の形になる。ただし、門前役であるため、副露した場合は認められない。また、手の内に一盃口が完成していても、他の面子部分を晒して門前を崩していれば、一盃口は消滅してしまう。とはいえ、作り易い役であるため頻繁に成立し、平和との複合が多く見られる。なお、独立した2つの一盃口があると二盃口という別の役になる。二盃口は一盃口の上位役に当たる3翻役である。また、一盃口を構成する2面子とまったく同一の順子がもう1つ完成したとしても、一盃口を2回カウントすることはできない(下の牌姿例の6番目も参照のこと)。

牌姿の例編集

(例)嵌張待ちのケース

             
 待ち

(例)高目で一盃口になるケース

             
待ちは  で、 なら一盃口がつく。二萬の場合は平和のみである。当然ながら二萬を切って一盃口を狙う場合は振聴となり、ツモ和了しかできなくなる。

(例)どちらであがっても一盃口になるケース

             
待ちは  。これも平和で一盃口の完成を待つ例だが、この形では  どちらが出ても一盃口になる。

(例)出来合いのケース

             
一盃口が確定しているので、  どちらであがっても一盃口になる。

(例)多面双碰(シャンポン)の一部になるケース

             
待ちは   の三面双碰。
             
待ちは    の四面双碰。
一盃口に特有の現象として、複数通りの双碰待ちが同時に成立することがある。一盃口に対子が連なって同種の数牌4つか5つの連続したペアがあれば、どこを一盃口と見なすかによって対子と見なせる牌が異なるためである。詳細は聴牌#待ちの種類を参照。


(例)一盃口を構成する2面子と同一の順子がもう1つできているケース(一盃口にはとらないケース)

               ロン 
待ちは  。萬子部分を       +    と解釈するなら、この手はタンピン一盃口で30符3飜、子3900点である(一盃口をもう1つ余分にカウントすることはできない)。しかし萬子部分を    +     +    と解釈すれば、この手はタンヤオ三暗刻で50符3飜、子6400点になる。高点法により、この手は一盃口には取らず、三暗刻にとる。
なお、古いローカルルールでは、この形を一色三順という別の役とすることがあった。また、連続する3刻子を三連刻とするローカルルールもある。これらローカルルールを採用していれば、この形は一色三順にも三暗刻三連刻にも取れる牌姿である。

一盃口にならない例編集

                 
一盃口狙いから七対子に移行することも少なくないが、和了形が七対子形式と解釈せざるをえない場合には一盃口は数えられない。この例では高目一盃口になるケースと紛らわしいが、和了牌は一萬だけであり、仮に四萬を切って122334の出来面子を崩す形になったとしても振聴にはならない(スジ引っかけになる)。

脚注編集

  1. ^ 古い麻雀書などには、「イッペキ」とも略すと表記されているものがある。
  2. ^ 栗原安行『カラー版 麻雀教室』日東書院、1986年。ISBN 4528004364p66-p67,p180。「一色二順」の項目名に「いいそうりゃんしゅん」のフリガナを振り、カッコで「イイペイコウ」と付記してある。
  3. ^ このように順子の真ん中を重ねた4枚の形は「順子 + 単騎」とも「対子 + 嵌張」とも「両面 + 両面」とも取れる。すなわち1枚落として順子にすることも2枚落として雀頭にすることもできるが、むしろ手を伸ばすのに都合がよい。単に有効牌が広い(5種16枚)だけでなく、その大半(4種14枚)の場合で両面待ちが残る形になる。このうち2種6枚の場合で高目一盃口待ちの形になる。言わば嵌張が残る形を避けつつ一盃口も狙える形である。

関連項目編集