メインメニューを開く

一酸化二塩素(いっさんかにえんそ)は、分子式 Cl2O で表される塩素酸化物の一種である。Clの酸化数は+1。かつては亜酸化塩素とも呼ばれたが、この語は現在は非推奨名称である。

一酸化二塩素
{{{画像alt1}}}
識別情報
特性
化学式 Cl2O
モル質量 86.9054 g mol−1
融点

−120.6 °C

沸点

22 °C

構造
双極子モーメント 0.78 ± 0.08 D
熱化学
標準生成熱 ΔfHo +80.3 kJ mol−1
標準モルエントロピー So 265.9 J K−1 mol−1
関連する物質
関連する酸化物 H2O
F2O
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酸素原子 (O) 上に2個の塩素原子が結びついた構造を持つ。

反応編集

次亜塩素酸 (HClO) の酸無水物に相当し、水と反応させると次亜塩素酸に変わる。このことから、この化合物は無水次亜塩素酸とも呼ばれる。

 

一酸化二塩素を嗅ぐと独特のハロゲン臭(一般に塩素臭、カルキ臭と呼ばれるもの)を呈する。