丁氏兄弟(ていしきょうだい)は、の蔵書家兄弟。兄は丁申、字は竹舟。弟は丁丙、字は嘉魚杭州府銭塘県の出身。瞿紹基楊以増陸心源とともに清末四大蔵書家と称された。

人物編集

太平天国の乱が発生すると、杭州の西の西渓に避難した。1861年、太平天国軍が杭州を占領すると、文瀾閣に収められた『四庫全書』は散逸してしまった。ある日、丁申が市街で買い物をしていると、散逸した『四庫全書』の用紙が包装紙として使われているのを発見した。ここから丁申と丁丙は四方を奔走して散逸分を探し出し、銭恂張宗祥らとともに復元作業を行い、ついに文瀾閣『四庫全書』は以前の状態に復旧した。

「八千巻楼」「後八千巻楼」「小八千巻楼」の3つの文庫を持ち、丁丙は『八千巻楼自記』という一文を残している。

丁氏兄弟の死後、「八千巻楼」の蔵書は繆荃孫により江南図書館(現在の南京図書館)に移され、流出を免れた。