美徳の木(13世紀ドイツ)

七元徳(しちげんとく)とは、カトリック教会の教義における7つの基本的なをいう。

古代ギリシア知恵勇気節制正義の4つの枢要徳に、『新約聖書』のパウロの手紙に見られる信仰希望の3つの徳を加えたものである。

カテキズムにおいては、徳を人間的徳と対神徳に分け、4つの枢要徳を人間的徳の中心的な役割を果たすもの、信仰・希望・愛の3つを対神徳とする[1][2]

目次

歴史編集

4つの枢要徳については、プラトンアリストテレスの著作に見える。

3つの対神徳は、『新約聖書』のコリントの信徒への手紙一 13:13 に見える。

プルデンティウス英語版によって西暦400年ごろに書かれた寓意的なラテン語叙事詩『プシュコマキア』(魂の闘い)は7つの美徳が7つの悪徳を倒す物語である。その7つの内容は現在の七元徳や七つの大罪とは多少異なっているが、美徳が7つあるという概念はこの書によって一般的になった。

トマス・アクィナス神学大全』の第二部・第1部の問61で枢要徳について、問62で対神徳について取りあげている。また第2部では7つの徳のそれぞれを取りあげている。

美術編集

七元徳を題材とする美術作品(絵画、彫像など)は数多く存在する。それぞれの徳は多く女性または天使として図像化される。

ブリューゲルの版画作品は特によく知られる。

脚注編集

  1. ^ “The Human Virtues”. Catechism of the Catholic Church. The Holy See. http://www.vatican.va/archive/ENG0015/__P65.HTM. 
  2. ^ “The Theological Virtues”. Catechism of the Catholic Church. The Holy See. http://www.vatican.va/archive/ENG0015/__P66.HTM. 

関連項目編集