(まん、旧字体)は漢字文化圏における単位の一つ。現在の日本国中国朝鮮ではいずれも 104【=1万=10000】 を表す。なお、「万物」、「万人」のように程度が非常に多い、またその全てといった意味を持つ場合もある。なお、万(まん、ばん)は万(ぼく、もく)とも読み、後者は主に漢姓及び一般に中国における復姓において使用されるものであり、前者とは別個のものであるが統一され表記されることが多い。(例:万俟)

西洋の命数法編集

Myriad が万(英語:ten thousand)に該当するが、英語では「無数」の意味で使用されている。

過去に使用されていた接頭辞編集

ミリア(myria)は1935年までメートル法で使われていた万(104)を表す接頭辞である。記号は my 。

その他編集

万という漢字を”よろず”と読んだ場合は、数が多いことを示す(ウィクショナリーを参照のこと)。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集