メインメニューを開く

三宅 明正(みやけ あきまさ、1953年3月30日 - )は、日本歴史学者千葉大学名誉教授。専門は近現代日本労働史。近年は、歴史教科書通史に関する研究も行なっている。千葉大学大学院人文社会科学研究科長、ハイデルベルク大学招聘客員教授、デリー大学招聘客員教授等を歴任した。冲永賞受賞。

経歴編集

東京都新宿区生まれ[1]。1975年東京教育大学文学部史学科卒業[2]。1977年一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了[1]。1981年一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学[3]。指導教官藤原彰[4]

1981年日本学術振興会奨励研究員。1983年財団法人法政大学大原社会問題研究所員・研究員[2][1]。1984年千葉大学文学部助手。1987年千葉大学教養部助教授[1]。1994年千葉大学文学部助教授[2][1]。1998年千葉大学文学部教授[2][1]。2018年千葉大学定年退職[5]、千葉大学名誉教授[6]

この間、1997年から1998年までデリー大学大学院招聘客員教授、2003年コーネル大学ファカルティ・フェロー、2007年から2009年まで千葉大学大学院人文社会科学研究科長、2009年ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク日本研究所招聘客員教授[2][3]、2012年から2013年までデリー大学大学院招聘客員教授[2][3]。1987年冲永賞受賞[7]

著書編集

単著編集

  • 『世界の動きの中でよむ日本の歴史教科書問題』梨の木舎、2002年。
  • 『レッド・パージとは何か』大月書店、1994年。

共著編集

編著編集

脚注編集

参考編集

関連項目編集