メインメニューを開く

三宅有

三宅 有(みやけ ゆう、1967年9月1日[1] - )は日本のゲームプロデューサー、実業家。北海道出身[1]スクウェア・エニックスにて『ドラゴンクエストシリーズ』のエグゼクティブプロデューサーを務める。第6ビジネスディビジョン ディビジョンエグゼクティブ。

みやけ ゆう
三宅 有
生誕 (1967-09-01) 1967年9月1日(51歳)
日本の旗 日本 北海道
国籍 日本の旗 日本
別名 ヘコモ
職業 ゲームプロデューサー
肩書き 取締役執行役員ドラゴンクエストブランド担当・部門担当)
第6ビジネスディビジョン ディビジョン・エグゼクティブ
取締役会 スクウェア・エニックス

目次

略歴編集

1990年にエニックスに入社[1]。「ドラクエ課」に配属され、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』より製作スタッフとして活動。

その後しばらくシリーズの広報マンとして活躍した後、ドラゴンクエストチームの指揮を任される。以降はリーダー、合併後は第9開発事業部長としてシリーズ進行を管理する。

『ドラゴンクエストV』のPS2リメイクにて、初めてゲーム自体のプロデュースを担当する。奇しくも、入社後初めて手がけたシリーズでのプロデューサーデビューであった。

2018年現在、第6ビジネスディビジョンのトップ及び『ドラゴンクエストシリーズ』のエグゼクティブプロデューサーとして、事業部の指揮を執っている。引き続きシリーズのブランド統括を担い、株主総会後のIRカンファレンスでの質疑応答に答える立場にある。立場上、シリーズ全体を取り扱うイベントを除けば現場のプロデューサー陣に比べてあまり表舞台に出てくることはないが、逆に経営関係のメディア取材に応じることは多い。

愛称は「ヘコモ」で、「ドラゴンクエストX」の自キャラ名が由来。そのDQX絡みでは公式生放送「ドラゴンクエストX TV」の年末放送で年一度の出演をする際に、バーテンダーをやらされるなど、かなりぞんざいな扱いを受けている。

2018年4月1日より、スクウェア・エニックス取締役となった。

作品編集

関連記事編集

脚注編集