プロデューサー

制作全体を統括する職務

プロデューサー英語: Producer、略称PまたはPD)とは、映画テレビ番組ラジオ番組ドラマアニメなどの映像作品、ポスター看板などの広告作品、音楽作品、コンピュータゲーム作品制作(製作)、アイドルなど、制作活動の予算調達や管理、スタッフの人事などをつかさどり、制作全体を統括する職務、その現場の責任者を指す[1]ディレクターよりも広範囲な管理指揮権を有し、制作物の商業的な成否について責任をもつ。

実態編集

テレビ番組製作の場合、テレビジョン放送局制作プロダクションの双方にプロデューサーが存在し、それぞれの立場から番組製作に方向性を与えている。放送局およびプロダクションのプロデューサーにはディレクターの出身者が多く、兼任している場合も多くみられる。ラジオ番組製作の場合も同様である。

映画製作を行う映画プロデューサー[2]はテレビ番組と違い資金が集まらない場合には自腹を切ったり、赤字を自ら被ったりしなければならない。その点、テレビ番組の多くはサラリーマンプロデューサーである。エグゼクティブ・プロデューサーゼネラル・プロデューサー、チーフ・プロデューサーなどプロデューサーの上位に立つ役職が設けられる場合もある。また、ラインプロデューサーやアソシエイトプロデューサーといった職務も存在している。

音楽製作の場合は、レコード会社音楽家作詞家作曲家編曲家)や歌手の所属する芸能(音楽)プロダクションの双方にプロデューサーが存在し、それぞれの立場から作品製作に方向性を与えているが、初期費用が映画とは桁違いに小さい。著名な音楽プロデューサーにはジャム&ルイス、LA&ベイビーフェイス、テディ・ライリーらがいる。音楽プロダクションのプロデューサーには、音楽家の出身者(例・小室哲哉つんく♂小林武史中田ヤスタカなど)が多い。

ゲーム製作の場合も、テレビや音楽と同様にゲーム会社と製作会社の双方にプロデューサーが存在し、ゲームクリエイターと共に自らデザインやプログラムを手掛けることもある。

プロデューサーの種類編集

分野編集

権限編集

  • エグゼクティブプロデューサー
  • チーフプロデューサー
  • アシスタントプロデューサー(アソシエイトプロデューサー) - プロデューサーの下で限られた機能をしばしば担当する役目。社外などから参加するプロデューサー。原則として、(社内の)プロデューサーと上下関係にはない。

職能編集

  • ゼネラルプロデューサー - 制作費・スタッフ・作品の方向性を統括。
  • コプロデューサー - 企業との折衝や資金面を専門に担当。
  • 制作プロデューサー - 作品内容や作品進行の統括。
  • ラインプロデューサー - 予算面と現場面のスーパーバイザー。

人物と種類編集

(例)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ producer(プロデューサー)の意味”. goo国語辞書. 2020年11月5日閲覧。
  2. ^ What Does a Film Producer Do? – Everything Producers Do On and Off Set”. PremiumBeat. Shutterstock (2020年7月7日). 2020年10月16日閲覧。