三崎三座とは、明治20年代に神田三崎町に設けられた3つの劇場、三崎座東京座川上座の総称である[1]

三崎座編集

三崎座は明治24年(1891年)6月27日に東京神田三崎町三丁目で開場。建坪195坪5合(約645㎡)、観客定員1500人の小劇場。

三崎座は初めて女優を主体とする芝居を上演し、また東京で唯一常に女優が興行する劇場。明治時代には市川鯉昇、松本錦糸、岩井米花らが中心となって活動し、その他にも沢村源之助、大谷馬十、尾上幸蔵などの俳優や女優市川九女八一座も活躍した[2]

大正12年(1923年)9月に起きた関東大震災の影響により焼失し、翌13年3月再建したものの、第二次世界大戦の戦災で再度焼失し、廃座となった。

東京座編集

川上座編集

川上座は、川上音二郎によって明治29年(1896年)6月15日に完成した。

内部はフランスの劇場を模しており、他の座とは異なる構造だった。

当初は、神田区淡路町(現在の千代田区神田淡路町)に劇場を設立する予定だったが、中止となり明治26年(1963年)三崎町に設立を願い出て、同年12月1日に許可された[3]

川上一座などの新派の役者達の活動の中心となったが、経営が困難になり、明治31年(1898年)頃には、川上音二郎の手を離れた。

後、明治34年(1901年)1月に改良座と改称し、株式会社に改組したが、明治36年(1903年)4月6日に火災により焼失した[4]

脚注編集

  1. ^ 千代田区立四番町歴史民俗資料館 「千代田のくらしと劇場ー三崎座を中心にー」 千代田区教育委員会 1993年7月20日
  2. ^ 「明治生まれの神田三崎町」青蛙房 1978年7月1日
  3. ^ 千代田区立四番町歴史民俗資料館 「千代田のくらしと劇場ー三崎座を中心にー」 千代田区教育委員会 1993年7月20日
  4. ^ 千代田区立四番町歴史民俗資料館 「千代田のくらしと劇場ー三崎座を中心にー」 千代田区教育委員会 1993年7月20日

参考文献編集

  • 千代田区立四番町歴史民俗資料館 「千代田のくらしと劇場ー三崎座を中心にー」 千代田区教育委員会 1993年7月20日 pp.6-11
  • 「明治東京名所図会」講談社 1989年7月1日
  • 「明治生まれの神田三崎町」青蛙房 1978年7月1日 p.142