三晋(さんしん)は、戦国時代の中国におけるの三国の総称。後に山西省の別称となった。

春秋時代末期、は趙、魏、韓の3国に分割された(三家分晋)。『戦国策』、『史記』、『資治通鑑』などでは、この趙、魏、韓の3国を晋の後継国家と見なし、三晋と総称している。

その後、三晋は地名として用いられ、趙、魏、韓の故地を表すようになった。