戦国策』(せんごくさく)は、前漢劉向(りゅうきょう)の編纂になり、戦国時代の遊説の士の言説、国策、献策、その他の逸話を国別に分類し、まとめ上げた書物。全33篇。「戦国時代」という語はこの書に由来する。

成立編集

もともと『国策』『国事』『事語』『短長』『長書』『脩書』といった書物(竹簡)があったが、これを前漢劉向紀元前77年紀元前6年)が33篇の一つの書にまとめ、『戦国策』と名付けた[1]後漢建安年間に高誘(こうゆう、中国語版)がはじめて注釈をつけたが、8篇分しか現存しない[2]代に異本が多く出て篇数に混乱をきたしたため、唐宋八大家のひとり北宋曾鞏(そうきょう)が再校訂を行い33篇を復元したが、これが現行テキストの祖本である[3]。曾鞏の系統以外には、宋代の鮑彪(ほうひゅう)が国の分類と年代順序を厳密にし、本文にも大胆な校訂を施した10巻本(括蒼本、鮑彪本)がある[4]。日本に流布してきた伝本は概ねこれを祖本とするものであった。

日本では古くは9世紀後半の藤原佐世日本国見在書目録』に書名が記録される。江戸時代には広く読まれ、林羅山が訓点本を作成するなど多くの漢学者が校注を施したが、中でも横田惟孝(乾山)の『戦国策正解』[5]が定本となった。[6]

1973年に長沙馬王堆漢墓・三号墓から出土した帛書には『戦国策』と類似したものがあり、『戦国縦横家書(中国語版)』と名付けられた[7]。墓主の葬は前168年とされるので、劉向の『戦国策』編纂以前の姿が一部見られるようになった[8][9]

背景編集

戦国時代 (中国)の時代区分については諸説ある。下限を秦の天下統一の年(BC・222)とすることに異見はないが、上限を趙・魏・韓の三国が晋を三分した年(BC・453)とする説と、趙・魏・韓の三国が周の威列王に依って諸侯と認定された年(BC・403)とする説とがこれである。しかしこれらのことは実際何れとも決め難いことであるので、戦国時代とは、一般に春秋時代(BC・722〜481)に接続する周王朝末期の二百数十年とされる。また、戦国時代という呼称は、春秋時代が、孔子の著したと言われる史書の名『春秋』、 に因んで附けられたように、「戦国策」という書名に拠って附けられたことも注目すべき点である[10]

春秋時代を経て戦国時代に入ると、周の封建制度が瓦解し、小国は大国に吸収、併呑され各国が領土の獲得に狂奔し、いたるところで侵略戦争が行われていた。しかし、各国は武力での侵略を極力回避した。なぜなら、武力による侵略では勝敗にかかわらず国力の疲労をもたらし、他国に乗ずる隙を与えるからで、西周などの小国はもとより、などの大国も、極力、平和的外交手段により打開しようとした。その一方で様々な思想が生まれ、法家商鞅儒家孔子などの学者、思想家や、また諸国を遊説し外交を論じる縦横家(または遊説家)などに活躍の場を与えた。 『戦国策』中で活躍しているのは、概ねこの縦横家(説客)である。

評価編集

『戦国策』の今ひとつの注目すべき点は、文章が優れていることである。このことは漢代の文豪で大史家たる司馬遷の、史記の文章の祖型は、総て『戦国策』に求め得ると評されたり、宋の文豪蘇東坡の雄渾な文章は総て『戦国策』に基づくと批評されていることで判る。更に明代の儒者王党が「弁麗横肆、亦た文辞の最」とたたえ、やはり明代の文学者王世貞が「戦国策は文に聖なる者か。その叙事は則ち化工の肖物なり」と絶賛していることを併せ考えると、古来『戦国策』の文章が如何に高く評価されていたかが一層明らかになる。また、特筆すべきは、司馬遷の『史記』中、戦国時代の人物についての資料は、その十中八九が『戦国策』から求められたとされる。この点から見ると『戦国策』は、自ら歴史たるにとどまらず、資料の宝庫であったこともわかる[11]

内容編集

この『戦国策』の記事は、悼公の起こったの元年(前476)から始皇帝215年(前222)に六国が滅亡するまでの250余年にわたる、戦国遊説の士の策謀の辞である。

目録編集

  • 東周策
  • 西周策
  • 秦策
    • 秦二
    • 秦三
    • 秦四
    • 秦五
  • 斉策
    • 斉二
    • 斉三
    • 斉四
    • 斉五
    • 斉六
  • 楚策
    • 楚二
    • 楚三
    • 楚四
  • 趙策
    • 趙二
    • 趙三
    • 趙四
  • 魏策
    • 魏二
    • 魏三
    • 魏四
  • 韓策
    • 韓二
    • 韓三
  • 燕策
    • 燕二
    • 燕三
  • 宋衛策
  • 中山策

日本語訳書籍編集

常石茂 訳『戦国策』12~22篇。平凡社東洋文庫、1966年、ISBN 4582800866
常石茂 訳『戦国策』23~33篇。平凡社東洋文庫、1967年、ISBN 4582800645。のち各ワイド版、2003年
常石訳の底本は、曾鞏33篇本系統の『重刻剡川桃氏本戦国策(ジュウコクエンセンヨウシボンセンゴクサク)』同治己巳(1869年)湖北崇文書局刊
近藤訳の底本は、士礼居黄氏『重刻剡川姚氏本 戦国策』黄丕烈景刊 嘉慶8年(1803年)

注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 常石茂訳 中国古典文学大系 7 『戦国策』解説 p.552下段。劉向の序文『戦国策書録』冒頭にいわれがある。  中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:戰國策/劉向書錄
  2. ^ 2~4、6~10巻。中国古典文学大系 7 p.552下段。
  3. ^ 中国古典文学大系 7 p.553上段。
  4. ^ 中国古典文学大系 7 『戦国策』解説 p.553上段 。
  5. ^ 版本は『漢文大系 第19巻 戦国策正解』、1976年、冨山房ISBN 4572000816 、増補版 普及版、1984年、横田惟孝注解・安井息軒(小太郎)補正校訂、ISBN 4572000816
  6. ^ 中国古典文学大系 7 p.553下段。
  7. ^   中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:戰國縱橫家書
  8. ^ 近藤光男 編訳『戦国策』解説 p.358 。
  9. ^ 大西克也・大櫛敦弘 著『戦国縦横家書』 (馬王堆出土文献訳注叢書) 2015年 東方書店 ISBN 978-4-497-21513-0
  10. ^ 澤田正熙『戦国策 上』明徳出版社(原著1968年11月30日)、11頁。
  11. ^ 澤田正熙『戦国策 上』明徳出版社(原著1968年11月30日)、23-24頁。

関連項目編集

外部リンク編集