三沢 村延(みさわ むらのぶ)は、陸奥仙台藩一門第十一席・前沢三沢家第5代当主。

 
三沢村延
時代 江戸時代
生誕 明和2年(1765年
死没 文化8年5月7日1811年6月27日
別名 深松、信濃(通称
主君 伊達斉村周宗
陸奥仙台藩
氏族 三沢氏
父母 父:三沢村保
子:宗為梁川頼道、孝子(石川宗光室)
テンプレートを表示

生涯編集

明和2年(1765年)、三沢家第4代当主・三沢村保(むらやす)の子として生まれる。村保は、岩谷堂伊達村望の四男で、三沢村清の婿養子となり、藩主伊達宗村より偏諱を受けていた。

寛政3年(1791年)、父村保の死去により家督相続し、胆沢郡前沢邑主となる。家の慣例により、仙台藩主の伊達斉村から偏諱を受けて村延と名乗る。

寛政9年(1797年)、仙台藩の領内で大一揆が発生し、一揆勢が前沢にも迫ったため、一門登米伊達宗充からの応援を得てこれを取り鎮めた。

文化8年(1811年)5月7日死去。享年47。家督は嫡男の三沢宗為(むねため、「宗」は伊達斉宗からの偏諱)が相続した。

参考文献編集

  • 『仙台人名大辞書』
先代:
三沢村保
前沢三沢家
第5代:1791年 - 1811年
次代:
三沢宗為