三浦 高救(みうら たかひら)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武士

 
三浦高救
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 不明
死没 不明
改名 高救→道含斎(号)
官位 弾正少弼修理亮
主君 上杉定正
氏族 扇谷上杉家相模三浦氏
父母 父:上杉持朝、養父:三浦時高
兄弟 上杉顕房高救上杉憲忠正室、
上杉定正、叔彭梵寿、上杉朝昌
吉良成高正室、大石房重正室
正室:大森氏頼
義同義教(道香)、正木義時
テンプレートを表示

生涯編集

上杉持朝の次男として誕生。相模国守護三浦時高の養子となる。

寛正3年(1462年)、養父が実父・上杉持朝と堀越公方の確執の責任を取って隠居したために家督を継ぐ。当初は異母弟・上杉定正を支えていたが、文明18年(1486年)に太田道灌が暗殺されると、これを憎んで養父と養子縁組をしていた子・義同に家督を譲り、自らは扇谷上杉家に復帰して当主にならんとした。これに激怒した時高によって、義同ともども追放されてしまった。

明応3年(1494年)に義同が実力で三浦氏の家督を奪還して当主となると、高救はこれを補佐したと見られている。没年は不詳だが、諸記録から明応8年(1499年)以後に病没したと推定されている。

なお、晩年に安房国に滞在して、その子孫が安房正木氏となったという説もある。