メインメニューを開く

上杉 顕房(うえすぎ あきふさ)は、室町時代中期の武将守護大名相模国守護扇谷上杉家当主。

 
上杉顕房
時代 室町時代中期
生誕 永享7年(1435年)?
死没 享徳4年1月24日1455年2月10日
別名 通称:三郎
戒名 長源院
官位 弾正少弼修理大夫
幕府 室町幕府 相模守護
氏族 扇谷上杉家
父母 父:上杉持朝
兄弟 顕房三浦高救上杉憲忠正室、定正、叔彭梵寿、朝昌吉良成高正室、
大石房重正室
政真朝重千葉実胤正室

略歴編集

上杉持朝の嫡男として誕生。宝徳元年(1449年)、滅ぼされた足利持氏の遺児の永寿王(足利成氏)が鎌倉公方に復帰した際に、父・持朝が隠居したため扇谷家の家督を継承する。家宰である太田資清の補佐を受けていた。成氏が関東管領上杉憲忠を殺害し享徳の乱が勃発すると、上杉氏の一門として上杉憲顕長尾景仲らと共に軍勢を率いて相模江の島などで成氏と戦うが、武蔵国分倍河原の戦いにおいて敗北、自害した。

子・政真はまだ幼かったため、扇谷上杉家は父の持朝が当主として復帰した。