三蔵 (ヤマト王権)

三蔵(みつくら、さんぞう)は、飛鳥時代以前にヤマト王権が保有していた3つの蔵(斎蔵(いみくら)・大蔵内蔵(うちつくら)の総称である[1]

律令制以前の古代日本では蘇我氏が管理し財政を掌握していたとされる。

概要編集

歴史編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 精選版 日本国語大辞典. “三蔵”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年10月8日閲覧。