メインメニューを開く

三遊亭 圓駒(さんゆうてい えんこま、本名:村井 正彦(むらい まさひこ)、1899年1月11日 - 1976年1月17日)は、日本落語家、長唄囃子。三遊派に属する。

三遊亭さんゆうてい 圓駒えんこま
本名 村井むらい 正彦まさひこ
生年月日 1899年1月11日
没年月日 (1976-01-17) 1976年1月17日(77歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 3代目三遊亭小圓朝
2代目桂小文治
名跡 1. 橘家正之助(1916年 - ?)
2. 橘家芝好(時期不明)
3. 橘家歌好(時期不明)
4. 三遊亭歌之輔(? - 1919年)
5. 三遊亭右近(1919年 - ?)
6. 月の家月松(時期不明)
7. 月の家圓賀(? - 1921年)
8. 月の家花鏡(1921年 - 1924年)
9. 三遊亭小伝遊(1924年 - ?)
10. 橘家小圓太(時期不明)
11. 三遊亭圓龍(? - 1925年)
12. 桂小扇治(1925年 - 1930年)
13. 三遊亭圓駒(1930年 - ?)
14. 望月太意七(時期不明)
15. 望月晴峰(? - 1976年)
活動期間 1916年 - 1976年
家族 海老一染太郎(長男・正親)
海老一染之助(次男・正秀)
村井正信(孫)
所属 三遊派
日本芸術協会

概要編集

活動時期の詳細は不詳であるが、大正から昭和中期にかけて活動したものと思われる。師匠は3代目三遊亭小圓朝、弟弟子には3代目三遊亭圓之助3代目三遊亭圓橘らがいる。

順序は不明であるが、三遊亭圓駒の他にも7代目橘家小圓太圓龍(享号不明だが、恐らく三遊亭)と名乗っていたこともある。後に落語家から後の長唄囃子に転向し、望月太意七を経て望月晴峰となったようだ。

5代目古今亭志ん生2代目快楽亭ブラックと同様に、改名回数が非常に多い。

一般的に知られている遍歴を記載すると、最初は1916年17年ころに入門し橘家正之助といい、芝好、歌好、大正半ばころに三遊亭歌之輔、1919年に三遊亭右近、3代目三遊亭圓遊門下で月の家?月松、圓賀、1921年ころ?に月の家?花鏡、1924年に三遊亭小伝遊(小傳遊)、橘家小圓太、圓龍、1925年ころに2代目桂小文治門下で桂小扇治、1930年31年ころに三遊亭圓駒に改名。

1976年1月に死去しているが、死因は不明、77歳没。

親族編集

太神楽の兄弟コンビ海老一染之助・染太郎は実の息子、テレビ東京村井正信(染之助の実子)キャスターは孫に当たる。

出典編集

  • 古今東西噺家紳士録