上杉 重行(うえすぎ しげゆき、元亨2年(1322年) - 延元3年/建武5年3月15日1338年4月5日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。上杉重顕の三男。官位は従五位下、左京亮、左近将監[1]

延元3年/建武5年(1338年)3月15日、上杉憲藤と共に渡部河で戦死した。17歳没[1][注釈 1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ リンク先の『寛政重修諸家譜』では上杉憲藤と同様、延元元年(1336年)戦死とされているが、憲藤が戦死した戦いは延元3年(1338年)であり[2]、誤記とみられる。

出典編集

  1. ^ a b 寛政重脩諸家譜 第4輯』p.1036-1037
  2. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus