メインメニューを開く

上杉 頼方(うえすぎ よりかた)は、室町時代前期の守護大名越後国守護山浦上杉家2代・越後上杉家4代当主。

 
上杉頼方
時代 室町時代前期
生誕 不明
死没 永享4年(1432年2月
改名 七郎(幼名)→頼方
幕府 室町幕府 越後守護
主君 足利義持
氏族 越後上杉家山浦上杉家→越後上杉家
父母 父:上杉房方、養父:上杉憲重?
兄弟 朝方頼方憲実重方清方
山吉正盛

略歴編集

上杉房方の次男として誕生。当初は山内上杉家上杉憲方の子・憲重を初代とする山浦上杉家を継いだ[1]

応永28年(1421年)に父・房方が没し、翌年には跡を継いだ兄・朝方も亡くなったため、頼方は甥の房朝の後見人として越後守護を継承した。しかし、この時期室町幕府と4代鎌倉公方足利持氏の関係は最悪であり、頼方は弟・憲実関東管領であることから鎌倉派ではないかと疑われた。応永30年(1423年)10月に漸く幕府から赦免された頼方は、越後の上杉頼藤中条房資に指令を送り、鎌倉派の守護代長尾邦景を討つよう命じた(越後応永の大乱)。

ところが、討伐を命じられた越後国人の足並みは乱れており、邦景の裏工作で簡単に寝返る始末であり、なかなか事が収まらずにいるうちに応永31年(1424年)、幕府と鎌倉公方が和睦、12月には房朝を畠山満家に奪い取られ、大義名分と実権を失った。応永33年(1426年)には邦景派の逆襲を退けるもこれが限界であり、まもなく頼方は守護を罷免され、房朝に改められ、邦景も赦免された。以降の消息は不明である。

「深谷上杉系図」によれば永享4年(1432年)2月に死去。

脚注編集

  1. ^ 上杉憲重(叔父)の養子かどうかは不明。