メインメニューを開く

上田 誠吉(うえだ せいきち、1926年 - 2009年5月10日)は、日本弁護士社会運動にも積極的にかかわった。

目次

経歴編集

兵庫県神戸市生まれ。1929年東京へ転居し、1933年麹町小学校に入学[1]。その後、旧制武蔵高等学校尋常科・高等科を経て、1948年東京大学法学部卒。在学中に兵役、敗戦を迎える。50年弁護士登録、東京弁護士会自由法曹団に加わる。メーデー事件や松川事件白鳥事件などで弁護を担当。宮澤・レーン事件についての著作もある。74-84年自由法曹団団長。

青森山口両県の官選知事警視庁特別高等警察部長等を歴任した内務官僚上田誠一は父、地球物理学者上田誠也は弟。

著書編集

  • 国家の暴力と人民の権利 新日本出版社、1973.
  • 南朝鮮の治安立法と人権問題 「朝鮮問題」懇話会、1976.7. 「朝鮮問題」学習・研究シリーズ
  • 裁判と民主主義 大月書店、1979.11.
  • ある内務官僚の軌跡 大月書店、1980.4.
  • 昭和裁判史論 治安維持法と法律家たち 大月書店、1983.10.
  • 戦争と国家秘密法 戦時下日本でなにが処罰されたか イクォリティ、1986.3.
  • ある北大生の受難 国家秘密法の爪痕 朝日新聞社、1987.9.
  • 時代の国家秘密法 大月書店、1987.1.
  • 人間の絆を求めて 国家秘密法の周辺 花伝社、1988.7.
  • いま、帝の国の人権 花伝社、1989.11.
  • 治安立法と裁判 1990.1. 新日本新書
  • 人々とともに 弁護士40年の歩み(1950~1990) 光陽出版社、1990.5.
  • 見えてきた秘密警察 緒方宅電話盗聴事件 花伝社、1995.5. 日本無責任時代
  • 司法官の戦争責任 満洲体験と戦後司法 花伝社、1997.5.
  • 『国家秘密法の周辺 人間の絆を求めて』2013年5月 花伝社 ISBN 978-4-7634-0664-4

共著編集

参考編集

脚注編集

  1. ^ 『ある内務官僚の軌跡』上田誠吉著 大月書店 1980