上野篤

日本の政治家。第7代鹿児島市長

上野 篤(うえの あつし、1882年4月8日[1] - 1926年9月23日)は、日本の政治家。第7代鹿児島市長。鹿児島市長在任中に山陽本線特急列車脱線事故で犠牲となり死亡した。

上野 篤
うえの あつし
Ueno Atsushi.jpg
生年月日 1882年4月8日
出生地 日本の旗 日本鹿児島県
没年月日 (1926-09-23) 1926年9月23日(44歳没)
死没地 広島県安芸郡中野村
出身校 東京高等師範学校
前職 鹿児島市助役
所属政党 無所属

在任期間 1925年5月 - 1926年9月23日
テンプレートを表示

経歴編集

東京高等師範学校卒業[1]。卒業後は鳥取県師範学校で教鞭を執った[1]。その後、大阪市役所に入り主事となり[1]財団法人強調会参事を務めた。1923年鹿児島市長伊集院俊に迎えられ、助役に就任する。

1925年2月伊集院市長が死去。上野は市長代理を経て、同年5月28日正式に市長に就任する[1]。市長就任後は市章の制定、青少年教育の充実、学校施設の整備、市公会堂の建設など数々の業績を挙げた[1][2]1926年9月、妻子を連れて公務のため上京。その帰途の9月23日、乗っていた特急列車が広島県内の山陽本線で水害のため脱線転覆、上野は息子(当時4歳)とともに死亡、妻は重傷を負った。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f 『日本の歴代市長』第3巻、742頁。
  2. ^ 『鹿児島市史第2巻』 p.30 - 鹿児島市、1970年

参考文献編集

  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第3巻、歴代知事編纂会、1983年。
公職
先代:
伊集院俊
  鹿児島市長
7代:1925 - 1926
次代:
白男川譲介