下津 清太郎(しもづ せいたろう、1908年 - 1996年)は、日本歴史家官僚

三重県津市出身。三重県立津中学校(現三重県立津高等学校)、第八高等学校卒、1931年東京帝国大学法学部卒。東京市名古屋市自治行政に携わる。のち京都地方裁判所司法委員[1]。本務のかたわら西洋史を研究した。

著書編集

1、ハプスブルク家 1984
2,ブルボン家 1984
3,ロマノフ家 1985
4,ホーヘンツォルレルン家 1986
5,ハノーヴァー家 1986

脚注編集

  1. ^ 『世界帝王系図集』東京堂、著者紹介