下腸間膜動脈(かちょうかんまくどうみゃく、英語: inferior mesenteric artery、しばしばIMAと略される)は、腹大動脈の3番目の主要な分枝である。腰椎3(L3)から生じ、遠位横行結腸から肛門管の上部まで大腸に供給する。IMAが供給する領域は、下行結腸S状結腸および直腸の一部である[1]

下腸間膜動脈
Gray538.png
S状結腸直腸。下腸間膜動脈の分枝とその吻合の分布を示す(中央に下腸間膜動脈(Inferior mesenteric artery)とある)。
Gray985.png
消化管の腹腔部とその原始・総腸間膜への付着。6週間のヒトの胚(右下に下腸間膜動脈(Inferior mesenteric artery)とある)。
概要
由来 卵黄動脈
供給源 腹大動脈
分岐 左結腸動脈, S状結腸動脈, 上直腸動脈
静脈 下腸間膜静脈
表記・識別
ラテン語 arteria mesenterica inferior
MeSH D017537
Gray's p.609
TA A12.2.12.069
FMA 14750
解剖学用語

分布の領域は近接して中結腸動脈と重なり(watershedを形成する)、よって上腸間膜動脈(SMA)と重なる。SMAとIMAは結腸辺縁動脈(Drummond動脈)とリオラン弓(Riolan's arcade, "meandering artery"(蛇行動脈)とも呼ばれ、左結腸動脈と中結腸動脈の間の動脈接続)で吻合する。IMAの分布領域は、胚における後腸とほぼ等しい[1][2]

分枝編集

下腸間膜動脈は、腎動脈の分枝点より下、大動脈分岐部総腸骨動脈に向かう)より3-4cm上の腰椎3(L3)の高さで腹大動脈の前面から分枝する[3]

その経路に沿って、IMAには次の分枝がある[1][2][3]

分枝
左結腸動脈 下行結腸に供給する
S状結腸動脈 最も上にあり「上S状結腸動脈」と呼ばれる
上直腸動脈 事実上、IMAの終枝(他の全ての分枝の後、IMAが続いたもの)

これら全ての動脈分枝はアーケードにさらに分かれ、一定間隔で結腸に供給される。

関連する静脈編集

IMAにはその経路に沿って同じ名前の静脈下腸間膜静脈が付随しており、これは脾静脈に流れ込む[1]

よって、下腸間膜静脈は門脈に流れこむため、IMAの経路を完全には反映していない[1][2][3]

外科と病理編集

IMAおよび/またその枝は左半結腸切除術のためには切除する必要がある[4]

一般的な腎臓の異常(500人に1人)である馬蹄腎は、IMAの下に位置する[5][6]

編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Standring, Susan. Gray's anatomy : the anatomical basis of clinical practice (41st ed.). Philadelphia: Elsevier Limited. ISBN 9780702052309. OCLC 920806541 
  2. ^ a b c Moore, Keith L.; Dalley, Arthur F., II; Agur, A. M. R.. Clinically oriented anatomy (7th ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. ISBN 1451119453. OCLC 813301028 
  3. ^ a b c Drake, Richard L.; Vogl, Wayne; Mitchell, Adam W. M.; Gray, Henry. Gray's anatomy for students (3rd ed.). Philadelphia, PA: Churchill Livingstone/Elsevier. ISBN 9780702051319. OCLC 881508489 
  4. ^ Charan, Ishwar; Kapoor, Akhil; Singhal, Mukesh Kumar; Jagawat, Namrata; Bhavsar, Deepak; Jain, Vikas; Kumar, Vanita; Kumar, Harvindra Singh (December 2015). “High Ligation of Inferior Mesenteric Artery in Left Colonic and Rectal Cancers: Lymph Node Yield and Survival Benefit”. The Indian Journal of Surgery 77 (Suppl 3): 1103–1108. doi:10.1007/s12262-014-1179-2. ISSN 0972-2068. PMC 4775673. PMID 27011519. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4775673/. 
  5. ^ Schiappacasse, G; Aguirre, J; Soffia, P; Silva, C S; Zilleruelo, N (January 2015). “CT findings of the main pathological conditions associated with horseshoe kidneys”. The British Journal of Radiology 88 (1045). doi:10.1259/bjr.20140456. ISSN 0007-1285. PMC 4277381. PMID 25375751. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4277381/. 
  6. ^ Clinical case: Horseshoe kidney transplantation”. Kenhub. 2019年9月28日閲覧。

外部リンク編集