下間 真頼(しもつま しんらい、永正10年(1513年)- 天文21年6月14日1552年7月5日))は、戦国時代武将で、本願寺坊官。父は下間頼慶、兄に光頼、弟に融慶。子に頼龍

母が円如の乳母であった事から、兄と共に本願寺内で大きな発言力があった。証如の時代に奏者に任じられて上野介を名乗った。天文18年(1549年)、坊官の最高位である上座の位にあった兄が急死すると、甥の頼総頼芸兄弟が幼かったために、成人までの間上座の代行を命じられる。だが、3年後に彼自身も病に倒れて急死した。

関連項目編集