メインメニューを開く

不滅の恋/ベートーヴェン』(Immortal Beloved)は、作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの生涯を題材としたイギリスアメリカ合作映画で、1994年に封切られた。

不滅の恋/ベートーヴェン
Immortal Beloved
監督 バーナード・ローズ
脚本 バーナード・ローズ
製作 ブルース・デイヴィ
製作総指揮 スティーブン・マクヴィーティ
出演者 ゲイリー・オールドマン
ジェローン・クラッベ
撮影 ピーター・サシツキー
編集 ダン・レイ
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年12月16日
日本の旗 1995年12月1日
上映時間 121分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $9,914,409[1]
テンプレートを表示

目次

概略編集

この作品は、ベートーヴェンの死の直後、「自身の楽譜、財産全てを「不滅の恋人」に捧ぐ」と記された1通の遺書が発見されたところで幕を開ける。ベートーヴェンの秘書であったアントン・シンドラーは、遺書に書かれたベートーヴェンの“不滅の恋人”(Immortal Beloved)を見つけ出すため、候補の女性たちを訪ねオーストリアハンガリーの各所を旅し、謎に包まれた「不滅の恋人」へと迫っていく。

「不滅の恋人」候補の女性たちの回想からベートーヴェンの生涯を描き出すという形式を取っており、この点では伝記映画のようでありながら、同時に観客もシントラーとともに「不滅の恋人」の正体を追うミステリーとしての要素を含んだ作品ともなっている。

キャスト編集

スタッフ編集

音楽編集

ゲオルク・ショルティが音楽監督となり、ロンドン交響楽団が演奏を手がけるという充実した布陣となった。使用曲としてはベートーヴェンの作品のほか、ジョアキーノ・ロッシーニのオペラ『泥棒かささぎ』の序曲が使用されている。

劇中の音楽ではヨーヨー・マが演奏した部分もある。

ベートーヴェン役のゲーリー・オールドマンは元々ピアノを趣味としており、劇中でも殆ど吹替えなしで演奏したとも言われている。

出典編集

  1. ^ Immortal Beloved (1994)”. Box Office Mojo. 2010年9月5日閲覧。

外部リンク編集