メインメニューを開く

ロンドン交響楽団(ロンドンこうきょうがくだん、英語: London Symphony Orchestra、略称LSO)は、イギリスロンドンを拠点とするオーケストラロンドンのオーケストラの中でも中心的存在[注釈 1]。本拠地は1982年よりロンドンのバービカンセンターに置く。ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とならび、「女王陛下のオーケストラ」としても知られ、名誉総裁(パトロン)にはエリザベス2世が就いている。楽員数89(2018年現在、公式サイトによる)。長らく三管編成オーケストラだったが、ロンドンの楽団としてはBBC交響楽団に次いでほぼ四管に近い編成を実現している。

ロンドン交響楽団
London Symphony Orchestra
London Barbican Hall LSO a.jpg
ロンドン交響楽団
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス イングランド ロンドン
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1904年 -
公式サイト http://lso.co.uk/
メンバー 音楽監督
サイモン・ラトル
首席客演指揮者
ダニエル・ハーディング
マイケル・ティルソン・トーマス
桂冠指揮者
アンドレ・プレヴィン

概要編集

歴史編集

1904年に、クィーンズホール管弦楽団のメンバーを中心に、英国初の独立採算、自主運営のオーケストラとして発足。同年6月9日に、クィーンズホールにおいて、ハンス・リヒターの指揮で第1回コンサートを開催した。その後、リヒターは首席指揮者に就任し、1911年エドワード・エルガーにその座を譲るまで楽団の基礎を固める。エルガーの後も、アルトゥール・ニキシュトーマス・ビーチャムなどの錚々たる名指揮者が首席についているほか、カール・ベームレナード・バーンスタインが総裁に就任している。

1906年には、英国のオーケストラとして初めて海外ツアーを実施し、パリで演奏を行った。アメリカ1912年)、イスラエル1960年)、日本1963年)へのツアーも、英国のオーケストラとして初めて行っている。1912年のアメリカ公演では、当初タイタニック号を利用する予定であったが、予定変更で危うく命拾いした[1]

歴代首席指揮者等編集

総裁(President)編集

首席指揮者(Principal Conductors)編集

音楽監督(Music Director)編集

副客演指揮者編集

自主レーベル編集

ロンドン交響楽団は2000年に自主レーベルLSO LIVEを設立し、首席指揮者であるコリン・ディヴィスをはじめ、ベルナルト・ハイティンクムスティスラフ・ロストロポーヴィチなど、多くの指揮者とのライブ録音をCD化し、販売している。多くの作品はCDだけでなくSACDも存在する。日本でも大型レコード店にて入手可能である。また一部の作品はiTunes Music Storeでも入手出来る。

録音編集

映画音楽編集

ロンドン交響楽団はクラシック音楽のほかに、『スター・ウォーズ・シリーズ』『バック・トゥ・タイタニック』など映画音楽の録音にも、戦前から数多く参加しており、この分野でもその名が知られている。1922年無声映画で伴奏を務めたのが初めての映画の仕事であった[3]

日本映画では、大林宣彦監督作の『水の旅人』(音楽:久石譲)のテーマ音楽に当楽団が起用されている。黒澤明が『』で当初、このオーケストラを起用するつもりだったという逸話もある(武満徹の反対に遭い、札幌交響楽団が起用された)。

ゲーム音楽編集

日本ファルコム製作ゲームのBGMをアレンジした2枚組CDアルバム「FALCOM NEO CLASSIC」が1992年にキングレコードから発売された。指揮はコンスタンチン・パブロフ。1枚は服部隆之の編曲によるフルオーケストラだが、もう1枚は松武秀樹入江純によるシンセサイザー作品となっている。また、近年ではアーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー』の演奏も担当した。作曲は石元丈晴、指揮・編曲は佐藤賢太郎

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2012年ロンドンオリンピックの開会式でも同楽団が起用されている。

出典編集

  1. ^ 「世界のオーケストラ123」音楽之友社、1993年、P97
  2. ^ Sir Simon Rattle appointed Music Director(ロンドン交響楽団 2015年3月3日 2015年5月9日閲覧)
  3. ^ 「世界のオーケストラ123」音楽之友社、1993年、P97

外部リンク編集