メインメニューを開く

不飽和度(ふほうわど、Degree of unsaturation)または、水素不足指数(すいそふそくしすう、Index of hydrogen deficiency、IHD)の公式は、有機化合物化学構造を描く補助に用いられる。値は分子の水素数の減少に伴って変化し、二重結合(E)の不飽和度は1、三重結合(Y)では2、環構造(R)では1となる。公式から得られるのは環構造、二重結合、三重結合の正確な数ではなく、環構造と二重結合の数、三重結合の数の2倍数の合計値である。したがって、最終的な構造決定はNMRスペクトルMSスペクトル、そしてIRスペクトルの調査によって行われる。不飽和度の公式は、

で、Cは炭素原子の数、Hは水素原子の数、Xはハロゲン原子の数、Nは窒素原子の数である。酸素や硫黄のような第16族元素の数はカウントしない(ただし、ヒドロキシ基のような酸素原子に結合した水素はカウントする)。ハロゲン原子(F、Cl、Br、I)は、水素とみなして計算する。

関連項目編集