メインメニューを開く

世界イスラム帝国(世界イスラム国家、世界カリフ制国家、: worldwide caliphate)とは、一定のムスリム達によって提案されている、単一の統一世界政府という概念である。 具体例は、イラクレバントイスラム原理主義過激派ISIL」の指導者アブー・バクル・アル=バグダーディーである[1][2]2006年4月8日にパキスタンの『デイリー・タイムズ』誌が報道したところでは、首都イスラマバードにおける集会にて、イスラム過激派組織「シパエ・サハバ・パキスタン」が世界イスラム帝国の結成を呼びかけた[3]。その始まりはパキスタンからだという[3]2014年にはバグダーディーが、世界イスラム帝国の建国成功したと宣言した[4]

汎イスラム主義政治結社「ヒズブ・ウト・タフリール」の信条によると、全てのムスリムは世界イスラム帝国において結束すべきであって[5][6]帝国は「西洋に挑戦し、最終的には征服する」ものである[7]。過激派はこの目標を遂げるにあたりしばしば暴力行為努力を投じているため、より広範なイスラム系の聴衆の間では魅力に欠けていると噂される[8]。ブリジット・ガブリエルの主張によれば、世界イスラム帝国の目標は、イスラム過激派の企ての中心にある[9]

歴史編集

時間経過に伴い、世界イスラム帝国という概念の起源について様々な歴史家学者が異なる考えを有してきた。 観点の一つは2007年の『イスラム帝国主義:とある歴史(Islamic Imperialism: A History)』の中で表現されており、著者エフライム・カーシュ英語版はこの概念の起源についての定見を、次のように説明している[10]

普遍宗教としてイスラムが予想しているのは、全人類がムスリムの支配下で信者または従属集団として生きるという、世界的政治秩序である。 この目標を達成するために、自由であり男性であり成人である全てのムスリムは、「アッラーの道において」妥協しない努力やジハードを実行することが責務である。続いてこのことにより、「イスラムの家」(イスラム世界)によってまだ征服されていない世界各地は、永続的な衝突住居(「戦いの家」(ダール・アルハルブ))ということになる。「戦いの家」は、イスラムの究極的大勝利という唯一の終局を迎えるだけだということになっている。

出典編集

  1. ^ A Dictionary of World History - Page 332, Edmund Wright - 2015
  2. ^ Phares, Walid (2008). The Confrontation: Winning the War against Future Jihad: Defeating the Next Generation of Jihad. Palgrave Macmillan. p. 32. ISBN 978-0230603899. 
  3. ^ a b Referenced in Oliver-Dee, Sean (2009). The Caliphate Question: The British Government and Islamic Governance. Lexington. p. 9. ISBN 978-0739136010. 
  4. ^ The Arab Uprisings: What Everyone Needs to Know - Page 13, James L. Gelvin - 2015
  5. ^ “Hizb ut-Tahrir Emerges in America”. Anti-Defamation League. (2013年7月25日). http://www.adl.org/combating-hate/international-extremism-terrorism/c/hizb-ut-tahrir-emerges-in.html 
  6. ^ Fagan, Geraldine (2012). Believing in Russia: Religious Policy After Communism. Routledge. p. 157. ISBN 978-0415490023. 
  7. ^ James Brandon (2006年5月10日). “The Caliphate: One nation, under Allah, with 1.5 billion Muslims”. The Christian Science Monitor (Amman, Jorday). http://www.csmonitor.com/2006/0510/p01s04-wome.html 2012年5月26日閲覧。 
  8. ^ Karl Vick (2006年1月14日). “Reunified Islam: Unlikely but Not Entirely Radical”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/01/13/AR2006011301816_pf.html 2012年5月26日閲覧。 
  9. ^ Brigitte Gabriel (2008). They Must Be Stopped: Why We Must Defeat Radical Islam and How We Can Do It. St. Martin's Press. p. 10. ISBN 0312383630. 
  10. ^ Karsh, Efraim (2007). Islamic Imperialism: A History. Yale University Press. p. 64. ISBN 978-0300122633. 

関連項目編集