世界ボクシング連合

世界ボクシング連合(せかいぼくしんぐれんごう、英:World Boxing Union)はプロボクシングの王座認定団体である。略称はWBU。世界的な認知度は低く、いわゆるマイナー団体に分類される。

目次

歴史編集

世界ボクシング連合は創設者のジョン・W・ロビンソン (Jon W. Robinson) によって1990年代初頭にイギリスで設立された。ジョン・W・ロビンソンはそのまま初代会長に就任している。歴史としては浅く、主要4団体(WBA, WBO, WBC, IBFの4団体)に比べ影の薄いマイナーなボクシング団体であったが、創設者のジョン・ロビンソンの2004年急死により事実上活動停止状態となった。 現在『WBU』を名乗っている、ドイツ・ニーダーザクセン州本部(会長:トルステン・クニレ)、そして米国ジョージア州本部(会長:ドン・ルイス)は、上記の元祖WBUとは全く別物で無関係である(ただし、上述の米国ジョージア州本部の『WBU』は、ジョン・ロビンソン会長のWBUの後継を勝手に名乗っている状態である)。

日本でも過去にWBUのタイトルマッチが行われたことがあり、1996年東京ベイNKホールで開催された日本ボクシングコミッション(JBC)未公認の興行でジョージ・フォアマンがクロウフォード・グリムスリーを相手にWBUヘビー級王座を防衛した。この試合はTBSでTV中継された。

認定王者編集

世界ボクシング連合からは、1995年ごろより認定チャンピオンが生まれ始めた。有名なチャンピオンとしては以下のような選手がいる。

関連項目編集

外部リンク編集