メインメニューを開く

世界メディアサミット(せかいメディアサミット、英語: World Media Summit)とは、新華社通信などが主催し、世界中のメディアが会する会合の1つである。

世界メディアサミット
World Media Summit
China Senate House.jpg
第1回の閉幕式が執り行われた人民大会堂
略称 WMS
設立年 2009年
ウェブサイト 公式ウェブサイト
画像提供依頼:世界メディアサミットの様子の画像提供をお願いします。2019年7月

概要編集

第1回世界メディアサミット編集

第1回は北京2009年の10月8日から10月10日に開催された[1]。第1回世界メディアサミットでは、「Cooperation, Action, Win-Win and Development」をテーマ[2]として開催され、中国通信社によると、閉会式では「世界メディア共同宣言」が発表[3]された。

第2回世界メディアサミット編集

第2回世界メディアサミットは、2012年7月5日モスクワで開催された。テーマは「Global media: meeting challenges of the 21st century」であった。伝統的なメディアの改革や、放送倫理などについて話し合われた[4]

第3回世界メディアサミット編集

第3回世界メディアサミットは、2016年5月20日から翌日5月21日にかけて、カタールドーハにおいて開催され、「The future of news & news organisations」がテーマであった。報道に対する技術の影響や、ジャーナリストの保護について話し合われた[5]

アルジャジーラは、世界メディアサミットにおけるスピーチでの、各通信社代表の発言を報じた上で、第3回の要約を述べている[6]

開催地編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中国,世界メディアサミットを主催”. NHK放送文化研究所. 2019年7月2日閲覧。
  2. ^ World Media Summit 2009”. 2019年7月2日閲覧。
  3. ^ 中国通信社. “世界メディアサミット閉幕、共同宣言を採択”. 2019年7月2日閲覧。
  4. ^ World Media Summit 2012”. 2019年7月2日閲覧。
  5. ^ World Media Summit 2016”. 2019年7月2日閲覧。
  6. ^ Al Jazeera Media Network. “World Media Summit”. 2019年7月3日閲覧。

外部リンク編集