世界三大美人(せかいさんだいびじん)とは、世界史上において特に美人とされる三人の女性のこと。

世界三大美女(せかいさんだいびじょ)ともいう[1][2]

一覧編集

一般に以下の三人の女性を指す[3]

  1. クレオパトラ7世プトレマイオス朝エジプトの女王)
  2. 楊貴妃の皇帝玄宗の皇妃)
  3. 小野小町平安時代前期の歌人)

ただし、小野小町を三大美人に数えるのは日本独自の話であり、世界的にはヘレネーギリシャ神話の登場人物)であるという[注釈 1] [4][5][要説明]

沿革編集

 
喜多川歌麿が寛政の三美人を描いた「当時三美人」(en:Three Beauties of the Present Day

日本の江戸時代寛政期には、難波屋おきた高島おひさ富本豊雛が「寛政の三美人」として持て囃されていた。これ以前の明和期に評判だった鍵屋お仙本柳屋お藤茶屋のおよしも後に「明和の三美人」と呼ばれている[6]。尤も、初期の寛政の三美人の一人は菊本おはんであったが、豊雛の登場で「四美人」とはならずに入れ替わり[7]、明和の三美人に関しても、お仙とお藤が特に評判とされていながらも3人にまとめられている[8]。この様な、美人を3人選ぶという日本の文化が明治以降の国際化の影響を受けて「世界三大美人」が生まれたのではないかとの指摘がある[9]

東京大学大学院総合文化研究科准教授・永井久美子によると、小野小町がクレオパトラや楊貴妃とともに三大美人としてメディアに登場するようになったのは明治中期からであるという[10]。明治21年(1888年)には読売新聞の社説にて美醜の基準は国や地域によって異なるという話の折に、美人とされる女性の例としてクレオパトラと共に小町と楊妃(楊貴妃)の名が挙げられている[11]

永井の分析によると、「世界三大美人」言説が生まれた明治中期は、日本でナショナリズムが高まっていた時期で、小野小町は「国風文化」を代表する文化人として理想的な存在だったのではないかという。一方、クレオパトラが三大美人として挙げられた背景には、1910年代、女優の松井須磨子が帝国劇場でクレオパトラ役を演じたことや、浅草で無声映画『アントニーとクレオパトラ』が上演されたことが影響しているのではないかという[10]

その他編集

小野小町が美人であったというのは、あくまでも伝説で、事実であるという保証はない。平安後期までに成立した『玉造小町子盛衰書』(たまつくりこまちそうすいしょ)という物語に、美貌の女性が老衰・没落するという内容がある[12]。主人公の「小町」は、小野小町であるとは一言も言ってないが、混同され、美人であるというイメージが出来上がったと永井は述べる。『古今和歌集』に収められた小野小町の歌[13]が、『伊勢物語』第二十五段に引用された[14]こともこの混同の原因である[10]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 日本でも場合によってはヘレネーを三大美人として数えることもあり、GUCM等でB級女優3人を起用して世界三大美人をモチーフとした際には山本美月がヘレネーに扮している(クレオパトラ7世は香椎由宇、楊貴妃は波瑠)。

出典編集

  1. ^ 「世界三大美女」の中で男性が1番付き合いたいのは……”. マイナビウーマン. 株式会社マイナビ (2018年5月24日). 2020年5月16日閲覧。
  2. ^ 世界三大美女の「美容食」 小野小町は生き血をすすった”. NEWSポストセブン. 株式会社小学館 (2019年6月28日). 2020年5月16日閲覧。
  3. ^ 南清彦『名数絵解き事典』叢文社、2000年1月1日、89頁。ISBN 4-7947-0320-1
  4. ^ 『会話に困らない! 使える「雑談力」1500』西東社編集部、西東社、2016年、364頁。
  5. ^ 堀江宏樹 (2011-11-09) (日本語). 学校では習わない愛と夜の日本史スキャンダル. 実業之日本社. p. 30. ISBN 9784408453620 
  6. ^ 『ビジュアル・ワイド 江戸時代館 第2版』小学館、2013年、396頁。ISBN 978-4096230220
  7. ^ 『ビジュアル・ワイド 江戸時代館 第2版』小学館、2013年、397頁。ISBN 978-4096230220
  8. ^ 『ビジュアル・ワイド 江戸時代館 第2版』小学館、2013年、396頁。ISBN 978-4096230220
  9. ^ 井上章一 (2008-01-01) (日本語). 日本の女が好きである。. PHP研究所. p. 115. ISBN 978-4-56969619-5 
  10. ^ a b c 小竹朝子 (2019年3月7日). “世界三大美人言説から見えてくる人々の「認識」の作られ方 小野小町は本当に美人だったのか”. u-tokyo.ac.jp. 東京大学. 2020年5月16日閲覧。
  11. ^ 北山居士「流行論(其四) 美醜判断の困難」『読売新聞』、1888年7月20日。
  12. ^ 小田幸子「小野小町変貌 : 説話から能へ」『日本文学誌要』第84巻、法政大学国文学会、2011年、 21-28頁、 doi:10.15002/00010223
  13. ^ 『古今和歌集』小沢正夫, 松田成穂(校注・訳)訳、小学館〈完訳 日本の古典 第九巻〉、1983年4月30日、339頁。ISBN 4-09-556009-6。「623 みるめなきわが身をうらと知らねばや離(か)れなで海人(あま)の足たゆく来る」
  14. ^ 『竹取物語 伊勢物語 堤中納言物語 土佐日記 更級日記』森見登美彦, 川上弘美, 中島京子, 江國香織, 堀江敏幸訳、河出書房新社〈日本文学全集 03〉、2016年1月30日、105頁。ISBN 978-4-309-72873-5

関連項目編集