メインメニューを開く

世界最高峰と考えられていた山

ウィキメディアの一覧記事

この項では世界最高峰と考えられていた山(せかいさいこうほうとかんがえられていたやま)について述べる。

19世紀までアンデスが世界最高峰だと考えられていた。

ヒマラヤの測量はインドに進出していたイギリス人によって19世紀初頭から行われた[1]。8,000メートルを越える測量値も出たが、当初は専門家に信用されなかった[1]

ヒマラヤが世界で一番高いと一般的に認められたのは、1830年代になってジョージ・エベレスト大三角測量英語版を行ってからである[1]

目次

エベレスト測量以前編集

チンボラソエクアドル、アンデス山脈、6,268メートル)
16世紀から19世紀初頭まで世界最高峰と考えられていた。海抜面からの標高では世界のトップ100にも入らないが、チンボラソの山頂は地球の中心から一番離れている。
ダウラギリネパール、ヒマラヤ山脈、8,167メートル)
1808年に8,187メートルと測量されたが信用されなかった[1]。世界で7番目に高い。
ナンダ・デヴィインド、ヒマラヤ山脈、7,816メートル)
1818年に7,848メートルと測量された[1]。世界で23番目に高い。
カンチェンジュンガ(ネパール・インド国境、ヒマラヤ山脈、8,586メートル)
1838年から1850年頃まで最高峰と考えられていた。世界で3番目に高い。
エベレスト(ネパール・中国国境、ヒマラヤ山脈、8,848メートル)
1850年頃に最高峰と推定され、1856年に公式に標高8,840メートルの世界最高峰と確認された[1][2]

エベレスト測量後編集

ミニヤコンカ(中国、大雪山脈、7,556メートル)
1932年に比較的精度の高い測量がなされるまで様々な不正確な推定値があり、9,000メートルを越えるとされていたこともあった。
アムネマチン(中国、崑崙山脈、6,282メートル)
付近に攻撃的な原住民が居住していたため近づけず、正確な測量がなされないまま探検家やパイロットの目撃証言が独り歩きし、8,534 - 8,839メートル(28,000 - 29,000フィート)と推定されていた。1949年の簡易な三角測量でも9,041メートルと計測されていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f フィリップ・パーカー編 「ヒマラヤ探検史」
  2. ^ “The tallest mountain in the world”. Allen's Indian Mail: p. 574. (1856年10月6日). http://books.google.ie/books?id=wrcOAAAAQAAJ&dq=%22tallest%20mountain%22&pg=PA574#v=onepage&q&f=false 2013年9月2日閲覧。 

参考文献編集

  • フィリップ・パーカー編『ヒマラヤ探検史』(東洋書林,2015年)ISBN 4887218206

関連項目編集