メインメニューを開く
世界画報 第4号

世界画報(せかいがほう)は、世界画報社が1946年(昭和21年)から1950年(昭和25年)まで刊行していたグラフ誌である。

概要編集

1946年(昭和21年)1月創刊。西園寺公一の出資によって刊行された。編集者として、越壽雄渡辺勉 (写真)木村亨、大谷トキ、報道写真家として田村茂らが関わった。

雑誌の表紙や構成はアメリカの写真雑誌『ライフ (雑誌)』を意識して作られた。写真を中心に戦争の真実を報道したほか、欧米の科学技術に関する特集記事を中心に掲載している。戦争中、戦争や政治のことを知らされていなかった大衆に、現実のことを知らせることを目的としており、過激な写真も多く掲載されている。1948年6月発行の第3巻第6号では、731部隊で知られる石井四郎をスクープしている。赤字続きで資金繰りが上手くいかなくなり廃刊に追い込まれた。

なお、同時代に国際情報社より出版されていた『世界画報』とは別の雑誌である。

関連項目編集

参考文献編集

  • 西園寺公一『過ぎ去りし、昭和』 アイペックプレス 1991年
  • 「横浜事件のころ 細川嘉六さんの「獄中訓」余話」月刊 記録 1991年5月号
  • 田村茂『田村茂の写真人生』 新日本出版社 1986年

脚注編集