メインメニューを開く

世界開発情報の日(せかいかいはつじょうほうのひ、英語: World Development Information Day)は、国連が定めた国際デーの一つで、10月24日である。

概要編集

開発問題とその解決に必要な国際協力への関心を高め、情報を広める事により、若い世代を中心に国際世論への喚起を行い、開発のための国際協力を促すための国際デーであり、1973年10月24日に初めて開催され、それ以来毎年この日に開催されている。

1972年5月17日国連貿易開発会議(UNCTAD)は、これらの情報の普及と、貿易と開発の問題に関する世論の動員のための措置を提案し、世界の人々に開発問題に注意を引き付けるために国際デーを導入することを求めた。 1970年10月24日に「第2次国連開発の10年のための国際開発戦略」が採択されたことを記念して、1972年12月29日の国連総会決議3038(XXVII)「A/RES/3038(XXVII)」によって定められた[1]。この国連総会はまた、「国連の活動における開発の中心的な役割を強調するために、この日を国連デーと一致させるべきである」と決定した。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集