メインメニューを開く

世界麻雀組織(せかいマージャンそしき、World Mahjong Organization)は、世界麻雀選手権を主管する国際競技団体である。略称はWMO。2006年創立。現在の本部は中国北京にある。中国語では「世界麻将组织」と表記する。

世界麻雀組織
略称 WMO
設立年 2006年
種類 競技麻雀
本部 中華人民共和国の旗 中国北京

よく似た団体に、同じく北京で発足[1][2]してスイスローザンヌに本部を置く国際麻雀連盟英語版はあるが、こちらは世界麻雀スポーツゲーム英語版を主管している別組織である。

歴史編集

2006年に中国の北京で発足した。主席は中国共産党の理論家で有名[3][4]于光遠中国語版、事務総長は元水泳選手[4]江选旗が選ばれた。日本の麻雀研究家である名木宏之が副事務総長についた。

2007年11月2日に中国四川省で総会を開催し、WMOの公用語を中国語、英語日本語の3か国語にすることや、世界選手権を2年ごとに開催することが決められた[5]

2007年11月3日から5日にかけて、中国成都で「第1回世界麻雀選手権大会」を開催。16位以内の入賞者には古代中国の壺を模したトロフィーが授与された。公式にはこの大会が「第1回」として扱われている。しかし、在日アメリカ人のライアン・モリス近代麻雀(2007年7月15日号)の自身のコラムの中で、2002年に開催された世界選手権が第1回ではないのはおかしいと主張した[6][7]

主催大会編集

特徴編集

  • 日本の組織とは日本麻雀連盟との繋がりがあり、2007年11月2日の総会では同組織の理事長だった石本洋一が招かれている。
  • WMOの日本語名は「世界麻雀機構」ではなく「世界麻雀組織」である。これはWMOの発行する麻雀品級認定証明書にWMOの日本語名が「世界麻雀組織」となっていることからも分かる[8]

出典編集

外部リンク編集