世界U-23バレーボール選手権

世界U-23バレーボール選手権(せかいユー23(アンダートゥェンティスリー)バレーボールせんしゅけん、英表記: FIVB Volleyball U23 World Championships)は、国際バレーボール連盟が主催する年代別の国際大会である。正式な大会名は男子が「世界U-23男子バレーボール選手権」(FIVB Men's U23 World Championship)、女子が「世界U-23女子バレーボール選手権」(FIVB Women's U23 World Championship)である。

世界U-23バレーボール選手権
開始年 2013年
主催 国際バレーボール連盟
参加チーム数 男子: 12
女子: 12
公式サイト http://www.fivb.org/
テンプレートを表示

年代別の世界選手権は、すでに男子がジュニア(U21)ユース(U19)、女子がジュニア(U20)ユース(U18)が開催されているが、シニア世代とのギャップを埋めるために、ジュニア・ユースの上位カテゴリーとして2013年10月に第1回大会が開催された[1][2]

第1回大会では、FIVBから特別ルールが試行されると発表された。(1)現行のセット25点制を21点制に変更(第5セットは現行の15点制)、これに伴いテクニカルタイムアウトは8点・16点から、12点に変更。(2)主審の吹笛後にサーブを打つまでの時間を、現行の8秒から5秒に変更[3]である。しかし、女子大会での適用は見送られ、ブラジル大会の男子大会のみの試行となった[4]

2017年の第3回男子大会でも新ルールが試行された。内容は(1) 各セット15点制の7セットマッチで4セット先取したチームが勝利。(2) テクニカルタイムアウトは採用しない。 (3) コートチェンジは2セット終了時、4セット終了時、5セット終了時、6セット終了時に行う[5]

参加チーム編集

各大陸連盟枠2の上位国(計10か国)に開催国およびそれ以外でシニアランキングが最上位国が出場する。

試合方式編集

出場12チームを2組(Pool)に分け[6]、1回戦総当たりのリーグ戦を行う。各組上位2位までのチームが準決勝に進出し、トーナメント戦により優勝チームを決定する。

結果編集

男子編集

月日 開催地 優勝 準優勝 3位 4位
2013年[1] 10月6日-13日   ウベルランジア   ブラジル   セルビア   ロシア   ブルガリア
2015年[2] 8月24-31日   ドバイ   ロシア   トルコ   イタリア   キューバ
2017年[3] 8月18-25日   カイロ   アルゼンチン   ロシア   キューバ   ブラジル

女子編集

月日 開催地 優勝 準優勝 3位 4位
2013年[4] 10月5日-12日   ティフアナメヒカリ   中華人民共和国   ドミニカ共和国   日本   アメリカ合衆国
2015年[5] 8月12-19日   アンカラ   ブラジル   トルコ   ドミニカ共和国   日本
2017年[6] 9月10-17日   リュブリャナ   トルコ   スロベニア   ブルガリア   ドミニカ共和国

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ FIVB. “BRAZIL PREPARES TO HOST THE INAUGURAL MEN’S UNDER 23 WORLD CHAMPIONSHIPS OPEN”. 2013年9月21日閲覧。
  2. ^ FIVB. “TIJUANA GETS READY TO HOST THE INAUGURAL WOMEN’S U23 WORLD CHAMPIONSHIPS OPEN”. 2013年9月21日閲覧。
  3. ^ FIVB. “Twenty-one point rule to be tested at U23 World Championships”. 2013年9月21日閲覧。
  4. ^ FIVB. “New rules test to be held in Brazil only”. 2013年10月7日閲覧。
  5. ^ 概要”. 日本バレーボール協会. 2017年8月19日閲覧。
  6. ^ FIVB. “FIVB Women’s U23 World Championship announced in Tijuana”. 2013年9月22日閲覧。

参考文献編集