メインメニューを開く
秩父市三峰神社の奥の宮の途中にある両部鳥居。
厳島神社の両部鳥居

両部鳥居(りょうぶとりい)は、本体の鳥居の柱を支える形で稚児柱(稚児鳥居)があり、その笠木の上に屋根がある鳥居。名称にある両部とは密教の金胎両部(金剛・胎蔵)をいい、神仏習合を示す名残。四脚鳥居、稚児柱鳥居、権現鳥居、枠指鳥居などの別名がある。派生したものとしては伊香式鳥居がある。

おもな両部鳥居編集

関連事項編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、両部鳥居に関するカテゴリがあります。