メインメニューを開く

中千住駅(なかせんじゅえき)はかつて東京都足立区に存在した東武伊勢崎線鉄道駅

中千住駅*
なかせんじゅ
Naka-senju
牛田 (0.5km)
(0.6km) 北千住
所在地 東京都足立区千住東
所属事業者 東武鉄道
所属路線 伊勢崎線
キロ程 6.5km(浅草起点)
開業年月日 1924年大正13年)10月1日
廃止年月日 1953年昭和28年)4月1日** ***
備考

* 1930年(昭和5年)2月28日 千住駅から改称
** 1945年(昭和20年)4月15日より営業休止

*** 以後信号場→分岐点として営業、1987年(昭和62年)5月1日廃止
テンプレートを表示

概要編集

当駅は伊勢崎線の牛田駅 - 北千住駅間に1924年(大正13年)に設置された駅とされる。設置当初は「千住駅」という名称であり、1930年(昭和5年)に中千住駅と名前を改め、1953年(昭和28年)まで存在した駅である。駅として廃止された後、伊勢崎線の貨物支線である千住線の分岐点として1987年(昭和62年)まで営業した。

中千住駅が設置された場所は、北千住駅の南にある大踏切通りのすぐ南側で、現在の地番で言えば東京都足立区千住東1丁目22番地付近である。

歴史編集

脚注編集

  1. ^ 「地方鉄道駅設置」『官報』1924年10月9日(国立国会図書館デジタル化資料)

参考文献編集

外部リンク編集